エロゲーメーカーの栄枯盛衰。
昔は数多かったものの減少傾向にある業界です。

過去作で良いエロゲーに出会っても解散していたメーカーというのも珍しくありません。

そこで今回は少なくとも解散はしていないメーカーの近況をまとめてみました。

条件は

  • 陵辱がメイン
  • 当ブログでレビュー歴のあるメーカー

の2点です。
どこまで参考になるかは分かりませんが、備忘録という事でご容赦ください。

活動中のメーカー

Guilty

凌辱エロゲー界の希望。
Guiltyの解散で凌辱ジャンルは終焉を迎える。逆に言えば、存続している限りは安泰である。

  • フルプライスの「Guilty」
  • ミドルプライスの「Guilty Nightmare Project」
  • ロープライスの「Guilty`Dash」

の3本柱で運営中。とりあえずどれからやっても後悔はない。そんなメーカー。

Liquid

Guiltyと双璧を為す古参凌辱メーカー。
Guiltyがリアル路線ならLiquidはファンタジー寄りといった差別化がされている。

また、男主人公で女を手籠めにする系が多く、Guiltyと同じノリで買うと後悔するかもしれない。逆も然り。

アリスソフト

エロゲー界で圧倒的なシステムクオリティを誇る。一般ゲーに進出しても通用するレベル。
ランスシリーズの終了で不安視されたが、次作のドーナドーナが大当たり。その存在感を示した。

ただ、本作でイラストレーターの魚介がアリスソフトを脱退し、またしても不安視されていたりする。
アリスソフトの明日はどっちだ!?

metalogiq

凌辱メーカーの新星。
2021年に処女作の魔法少女消耗戦を販売し、重厚なストーリーを魅せてくれた。

BLACKCycで活躍していた上田メタヲ氏が原画を担当。今後の活躍が望まれる。
2022年のファンディスクは確定しているが、次の新作次第で進退が決まるか。

ぜひとも凌辱界の大看板になってほしい。マジで頼む。

スタジオ奪

なんやかんやで継続している不死鳥メーカー。
metalogiqと同様にシナリオが売りで、リアルとファンタジーの融合が絶妙。

Guiltyのような分かりやすいエロではないが、やってみると満足感は高い。

Triangle

魔法少女作品として唯一無二のメーカー。
使い捨てキャラはおらず、シリーズを追うごとに増えてくる。魔法少女で大渋滞する。

悪のイケメンが主人公で、魔法少女を悪堕ちさせる物語となっている。
当然の如く、着衣エッチメイン。

でぼの巣製作所

巫女巫女特化のメーカー。
ローグライク系のゲームが無難に楽しいが、システムがずっと同じなので飽きる難点もあり。

価格も安めで取っ付きやすいメーカーとも言える。オススメ。

シルキーズSAKURA

寝取られ系ブランドの老舗。
「背徳と欲望の間で」がエロくてたまらなかった。

が、絵師の入れ替わりか作品によって作画が異なるのが玉に瑕。

活動状況不明

シロップ

いま何してんのここ?

正直、エロのレベルはGuiltyすらも上回る傑作メーカー。
が、3作目が出ない。マジで出ない。

2019年に声明は出したものの音信不通のまま早3年。

新作が出ればもちろん買うけど、あんま期待してない。

Soiree

サルテ

2020年に処女作を販売し、中世を舞台にした濃厚なストーリーを展開。
これはまた素晴らしいメーカーが誕生したと喜んだものの次作が出ない。

惜しいなあと思いつつも気長に待ってます。無理か?

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ