作品概要

タイトル:ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう
ブランド:アリスソフト
販売価格:7920円
販売サイト:

全体を通して

くっそ面白い。ランスが終わってもアリスは終わらんな!

ハルウリやヒトカリ等のネーミングセンスが秀逸

2つの用語は漢字で表すと売春と人狩。
非人道的な行為なのですが、全体を通して全く暗くないんですよね。

カタカナにしたことでコミカルになり、ゲームデザインも相まって明るくなっています。
こういう強制売春は人を選ぶのですが、エロゲーマー誰もが手に取れる作品に仕上がりました。

登場キャラクターが活き活きとしている

品須の兄貴がかっこよすぎて濡れたあ!!!

東雲派のNo2なのですが、気配りが神がかっています。
それでいて実力もあり、部下の信頼も厚い。最高の漢ですわ。

ランスシリーズからそうですが、男キャラ目当てでやってる節があります。ホモじゃないです。

また、別派閥「フラット」のキャラクターも魅力満載。
ムラサキは小物で瞬殺されると思っていたんですよ。

なのに最後まで主人公チームと敵対し続け、それでいて最後は手を貸す。
全ての行動に打算があるも自分の信念は決して破らない最高の敵でした。

さて、ようやく主人公チーム「ナユタ」ですが、言うなれば大学生のノリそのままです。

それぞれが好き勝手に楽しくやろう。
東雲派やフラットと完全に異質な存在。でも、だからいい。

彼らがいるから物語は暗くならない。
もちろん壁はありましょう。ですが、誰かが落ち込んでも必ずメンバーが助けに来ます。

リーダーのザッパ、主人公でありNo2のクマの絶対の安心感は最後まで揺らぎませんでした。

陵辱ゲーでありながら最後まで明るくプレイできるってやばいですよ。

楽しくもエロを阻害しないゲームシステム

ディレクター「いってんちろく」さんがおっしゃっていました。

「ゲームはエロを阻害してはいけない。しかし遊べるものでなくてはならない」

まさにその通りの作品に仕上がっています。感動した。

シンプルが故に覚えやすく、やりこむと嵌る作りのゲームシステム。
金稼ぎのハルウリはまんまエロであり、ゲームを楽しみながらエロを味わえます。

戦闘もコミカルでスピーディー。
後半につれて難易度はあがりますが、少し鍛えればクリアはできる絶妙の塩梅。

エロ目的でもゲーム目的でも満足できますな。

熱いが、ストーリーを考察すると違和感を感じるかも

残念と言うほどでもありませんが、ラストはやや駆け足過ぎた感はありました。

え?そこで終わり?みたいな。前半が長すぎたのかもしれません。
楽しいのですが、肝心の目的達成する道筋ある?という。

ていうか、亜総義重工のキャラが少なすぎますよね。しかも1人はほぼモブだし。

ただまあ、最終的にナユタの目的は達成されていますし、彼らが楽しそうならいいかなと納得もしますな。

ランスみたいな「完全燃焼!もう思い残すことは無いな!」まではいきません。

ゲームシステム

ヒトカリは王道RPG

ダンジョンを潜り、移動先を指定しつつ攻略していきます。
味方キャラはいつでも交代可能なので、体力やMPに気を配りながら戦いましょう。

とにかくキャラの動きが可愛い。
特にアリスがたまらんです。服をヒラヒラさせる姿で1時間は過ごせます。

ワザを覚えるたびにどんな動きをするのかワクワクしました。

ボス戦はわりと消耗戦になりがち。
レベル上げをしていない場合、敵の攻撃で即死することも珍しくありません。

それでいて特定キャラが死ぬと打倒は不可能になる場合もあり厄介。
要するに肉壁と主砲を的確に判断し、最小限の犠牲に留めないといけないんです。

クマや菊千代は火力抜群ですが、近接メインなので遠くの敵には無力。
一方でアリスは遠距離最強ですが、近接だと足手まといです。

また、本作はバフ・デバフの影響が想像以上に大きく、アンテナの活躍度合いで難易度が激変します。

バフが間に合わずに3人が一気に死んだときはゲームを切りました。あいつ強すぎやねんって。

対してヒーラーはやや活躍が難しい。
メディコの全体回復はまあ良いですが、ジョーカーの単体回復は焼け石に水でした。

とはいえ、終盤までのアイテム節約には貢献できます。アイテムはそこそこ貴重ですからね。
スキルのみでの回復は流石に間に合いません。使い分けましょう。

以上のように単純なシステムですが、戦略性はかなりあります。
クリア不可能になることはありませんので、自分なりの突破法を模索してみましょう。

ハルウリはSLGチック

ヒトカリによって女の子を誘拐できますが、彼女たちにはハルウリで金を稼いでもらいます。
キャラ毎にルックス・テクニック・メンタルがあり、メンタルは0になると「壊れ」ます。

この壊れるってのが本当に恐ろしい。凌辱ゲーだということを思い出しますね。

また、客によって女性にスキルを与えてくれます。

「人気者」や「クール」など客呼びに有効で能力値も上がる良スキルが1つ。
「骨折」や「車いす」など売春中に何をされたか恐ろしくなるバッドスキルがもう1つです。

やべえっすよ。手塩に育てた女性が骨を折られて壊れて帰ってくるんですよ。鬱なるわ。

でも、ご安心を。使えなくなった女性はショブンして、またヒトカリすれば解決です。

なにからなにまでえっぐい。でも、シンプルにエロくて楽しい。そんなハルウリでした。

エッチシーン

声優の迫真の演技がすんばらしい。
喘ぎ声やフェラ音が名演技です。嫌がっている仕草も抜群。

敗北レイプがやや見つけにくいですが(僕はかなり見落とした)、容赦のない凌辱で感動しました。

クマとの和姦、ハルウリでの快楽堕ちなどもあり、様々な性癖に合致。
ていうか、ポルノの声優さんやばすぎない?あいつだけASMRなんだけど。

ちなみに1人1人のシーンは多くありませんので、好みの女性だけ!ってだと不満が残ります。
それでも十分ですけどね。ハルウリの女性ですら2シーンありますし。

まとめ

面白い・飽きない・エロいの3拍子が揃った名作。
アリスソフトは商業エロゲの牽引役として今後も頑張ってほしいですね!

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ