作品概要

タイトル:催眠艶魔帳 ~記憶にない性活指導~
サークル:ブラックカラント
販売価格:7480円
販売サイト:

ゲームシステム

THEヌキゲーって感じ。ストーリーを超省略してエロに飛びます。
黒雛の系譜ですかね。エロゲ全盛期にふさわしい作風ですなあ。

曖昧な手順なのに破格の催眠能力に笑う

いくらなんでも催眠能力のレベルが高すぎる。ご都合主義なんてもんじゃない。
古今東西あらゆる催眠ゲーをしてきましたが、ここまでのは見たことが無い。

いえね、催眠ってのは普通は制約があるんですよ。

催眠の一例
  1. 深度を増すために繰り返しの催眠が必要
  2. 手順が面倒
  3. 催眠ツールの作成に叡智を結集している

こんな感じ。何かしらの催眠を行える納得材料があるんですよね。

が、本作にそれはない。コインを目の前で揺らすだけで完全催眠にかかります。

しかも、記憶消去や常識改変、五感の遮断などなんでもあり。
藍染惣右介も真っ青の催眠っぷりを見せつけます。

流石に主人公もビビッてドッキリを疑うくらいですからね。いっそドッキリであって欲しかった。

ストーリーを楽しむ作品ではない

催眠ゲーはいかにストーリーを面白くするかってのが王道展開なんですよね。

  • 競わせるサイミンアプリ
  • 催眠中の人間が分からないミステリー要素ありの人間デブリ

など、読ませる作品が多い印象です。

もちろん本作にそれを期待してはいけない。
なんであんな催眠術にかかるのか説明が最後までありませんし、黒幕もいません。

最初に言ったようにストーリー性皆無のヌキ特化ゲーです。割り切りましょう。

バッドエンドとハッピーエンドの2つあり

後味の悪さはありません。
バッドエンドは催眠がバレての逮捕ルートですが、ヒロインのその後は大して描かれません。

一部のヒロインは廃人化しますが、さくっと流されるので悲壮感はなし。
ハッピーエンドもなんとなくめでたそうなだけで、これまたサクっと終わります。

悪く言えば「無」です。特に感じ入るものはありません。まあ、そういうもんだよ。

エッチシーン

ブラックカラントらしいエッチシーンの数々。
このメーカーが好きならアリ。ボリュームは無断貸し出し彼女とほぼ同じです。

あちらはBest Price版で安くなっており、コスパで比較すると本作はまあ微妙ですね。

常識改変エッチがメイン

催眠をかけての和姦プレイがメインです。

  • エッチしながら授業するもヒロインはそれに気づけない
  • 恋人同士と誤認させてのエッチ
  • 1人だと思い込ませての野外露出&オナニー

小心者の主人公は万が一でもバレるのを防ぐため徹底的に催眠を行使します。
催眠解除後は催眠中の記憶を消す徹底ぶり。

凌辱っぽさはありませんので、注意。

竿役は主人公のみ

個人授業なので、男は主人公しかいません。
下手に協力者を募って裏切られても困りますからね。用心深いね。

そういうわけで輪姦プレイはいっさい見れませんし、公開セックスもほぼありません。

公開セックスバッドエンドルートで1つだけですね。
ある意味で潔いというか思ったよりプレイの幅は狭いです。

レイプ目がえろい

催眠状態中はレイプ目となり、そのままエッチに突入します。
レイプ目スキーにはありがたい展開でしょう。僕は好きだよ。

呆けた顔で自分が犯されている異常事態に気づけない。この背徳感は催眠ならではです。

ストーリーはあれですが、エロシーンはしっかり催眠プレイです。外しはありません。

まとめ

フルプライスでの購入はオススメしませんが、半額程度ならオカズとして十分。

好きなヒロインがいるなら買ってみても良いですね。
個人的に真面目ちゃんの七鈴菜が一番エロかったです。

至高の凌辱寝取られエロゲーはこれだ!

凌辱寝取られ廃エロゲーマーの僕がオススメする傑作をテーマ別にご紹介!
・面白さを重視したい
・エロトラップを堪能したい
・魔法少女の作品を遊びたいetc