陵辱ゲーマーが愛してやまない至高の凌辱ゲーブランド。
数ある名凌辱ブランドが倒産する中、最後の砦としてオカズを供給し続けてくれています。

今回はそんなGuiltyの魅力と不満を余すところなくお伝えしましょう!

Guiltyの魅力

僕がGuiltyを信奉する大きな理由は無力な女性が圧倒的な暴力に蹂躙される点です。
いわゆる戦うヒロインではありません。一般的な女性なのです。

なかなかこの手の作品は多くありません。寝取られはスタンダードなんですが、凌辱となるとからっきしです。
では、より深く見ていきましょう。

輪姦・乱交のオンパレード

無力な女性にケダモノが群がり犯しつくす。
このどうしようもない状況にどこまでも興奮できます。

精液やら愛液やら汗やらでドロドロの美女がもうたまらん。
男達も極上の獲物を逃すはずがありません。エンドレス輪姦です。

人間の男にレイプされる

陵辱界隈は異種姦が多いですが、今なお人間の男によるレイプに力を入れています。
異種姦も悪くはないんですけどね。数が多すぎて食傷気味なんですよ。

やっぱ同種に凌辱されるべきじゃない?そんな変態的な思想を持っております。
世界観が日常なので、日常の裏でレイプされる美少女という背徳感もたまりません。

テーマがぶれない

Guilty作品は基本的に3つのテーマを持った作りになっています。

  • 舞台は「現代」
  • 羞恥より輪姦&セックス
  • 白濁液をかけまくる

ハッピーエンドでも知恵と外部の協力で何とか打倒しており、必死感が伝わります。

基本的に凌辱を回避できないストーリーも高評価。犯された心の傷は永遠に消えません。

エロアニメの原作としても活躍

その圧倒的な凌辱に対するこだわり。
シンプルなストーリーも相まってエロアニメ原作としても活躍しています。

Guiltyファンになると、あまりのオカズの多さにびびるでしょう。
エロゲ、エロアニメとGuiltyの世界に浸るのです!

アニメ化してないエロゲはほとんど無いので、気になる作品はアニメも探してみて下さい。

椋木尋世代の作品

椋木尋が作画担当していた時代の作品。

エロはもちろん、この時代はストーリーも凝っていて面白い。

それぞれが独立した作品で、設定の引継ぎがありません。
それゆえ、毎回どんなシナリオになるのかというワクワク感はありますね。

輪罠

輪罠は男装した主人公が兄の死の真相を確かめに男子校に潜入します。そこでの紆余曲折が秀逸でした。
陵辱をストーリーに落とし込む作品として文句のつけようがありません。

Last Waltz

内紛によって異国の孤島に閉じ込められた若者たちの物語。
不満や恐怖から内部分裂する過程が丁寧に描かれています。

そして、数少ない女性はその身体を狙われます。もちろん性欲のはけ口として。
こんな異常事態の中、彼女たちはどう立ち回るのか。読み物として本当に面白い。

乙女蹂躙遊戯

2人のヒロインを徹底的に調教するストーリー。
主人公だけでなく、悪友3人と義妹も協力を買って出ます。

悪漢はただのクズでなく、矜持を持っており不快感が無いのは良いですね。
全体を通して読ませる文章でした。

フランス書院文庫の作品

女教師 二十三歳

官能小説を元にしたゲームということで、地の文だけでだけでもうエロい。

痴漢にそのままアパートまで連れ去られ、朝までレイプされる美人教師。
その後も身体を執拗に狙われ・・・という凌辱スキー大歓喜の展開が続きます。

虜シリーズ

Guiltyを支える大看板。

美人系から萌え系の絵にシフトしており、ボイスも含めヌキゲーとしてトップに君臨しています。

ただ、その代償としてストーリーが平凡となっています。
陵辱での日常崩壊を描きたいのでしょうが、そのための日常パートが長い。

日常もいまいちで、シリーズを通して代わり映えがしないのが難点。
もっともシリーズを追うごとに日常パートは減り、凌辱への導入を早くしているので、今後はより改善するでしょう。

虜ノ鎖

虜シリーズの2作目。
エロはシリーズ内でトップレベルと申し分ありませんが、いかんせん導入がとんでもなく長い。

女子トークを延々と聞くことになり、エロに辿りつくまで何度も挫折しました。

虜ノ雫

僕が虜シリーズにはまったきっかけの作品。

虜シリーズでは珍しく、学校が舞台ではありません。
そのため、新鮮な気持ちでプレイできたのがグッド。

また、凌辱までの導入も早くシナリオも中々に面白い。

虜ノ旋律 -refrain-

虜シリーズで推している作品の1つ。
おっぱい好きにたまらないバスト。恥じらいの仕草がたまりません。

また、教師の西園寺七緒は前作からの続投で、更なるレイプ地獄に堕ちます。
ヒロインが2作続けてレイプされる作品はGuiltyならではですね。

虜ノ絆

虜シリーズでもっともガッカリした作品。

エッチシーンの構図が微妙で裸体を満足に拝めないんですよね。
シナリオも平凡で、これといった特徴がありません。

満足度がかなり低く、消化不良が否めませんでした。

虜ノ姉妹

虜シリーズの最高傑作。

今まではヒロイン単体で犯されていましたが、本作では僅かながら姉妹丼が実装されています。
豪華版では更に増えますが、通常版でも見られるのは画期的ですね。

また、2人のヒロインは物語の冒頭から悪漢の慰み者として登場します。最初から飛ばしていますな!

全員が巨乳なのも高評価。おっぱい好きは歓喜ものですな!

Nightmareシリーズ

Guiltyが新たに打ち出したロープライスヌキゲー。

キャラクターとボリュームを減らし、気軽に買えるようにしています。
Guiltyでは初のファンタジー要素を取り入れたシリーズでもあります。

sisters

Guiltyでは異色の戦うヒロインもの。
僕にはちと合わないのでC評価としてますが、Guilty節はおとろえておらず、圧倒的な輪姦を見せてくれます。

竿役も人間の男なので、劇的に変わったという事でもありません。

Onmyoji 

久遠ちゃんがとにかくスケベすぎる。エッチの塊。
何を思ってお父さんはこんなハレンチな服装にさせたのか。グッジョブとしか言えません。

前作の主人公はサブキャラとして登場。久遠のエッチシーンが8割を占めます。
情け容赦のない輪姦劇をお楽しみあれ。

Vampire

クールビューティーが敵に捕まり、レイプされる王道シチュ。
燃える赤髪がかっこいいですねえ。

シスターのエッチシーンはonmyojiより多め。乱交も多くコスパの良い作品でした。

結局どれを買うべきか

虜シリーズから始めれば間違いないです。ヌキゲーでは珍しい萌え絵での凌辱なので、オカズとし完璧です。
また、 ストーリーも大事にしたい方は「椋木尋」世代もアリです。

私的オススメ作品も列挙しましょう。

エロガモセレクション
  1. 虜ノ姉妹~淫らに弄ばれる運命の迷い子~
  2. 虜ノ旋律 -refrain- 調律される処女たちと女教師
  3. Nightmare×Onmyoji 
  4. 女教師 二十三歳

シリーズとはいえ、関連性は無いので好きなキャラがいる作品からで問題ありません。
好きな設定の作品があれば手を出してみましょう。

まとめ

竿役が人間の男である凌辱ゲーでは間違いなく最高峰。
絵も素晴らしく、特におっぱい好きは大満足できるでしょう。

今後もどんどん作品を出していってほしいですね!

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ