作品概要

タイトル:無断貸し出し彼女
サークル:ブラックカラント
販売価格:3190円
販売サイト:

ゲームシステム

すっごい、これ。
後味の悪さのベクトルが他作品と違うと言うか。人間こっわってなる。

ねたばれあり

主人公が絶妙にうざい

ナヨナヨ系で、とにかく女々しい主人公の恵太。
どのルートでも主体性がなく、相当にイライラします。

が、じゃあ同情の余地がないかと言われるとそんなこともありません。

早漏で短小、皮被りを気にしており、セックスに臆病。そのせいで自己肯定感が異常に低いのです。

男性なら共感する人もいるのではないでしょうか。まあ、短小はNTR主人公あるあるだね。

近くに男らしい親友もいるので、余計に拗らせています。
作中もこのコンプレックスが原因で破滅に向かうので、気の毒なんですよね。

ていうか、主人公に恋するヒロインが肉食系過ぎてね。主人公が彼氏でなくても暴走した気がするから恐ろしい。

妙にリアルなキャラ設定で、苛立ちと共感が同居する名(迷)主人公だと思いました。

「背徳と欲望の間で」の主人公とタイプが似ています。あっちは主人公が完全に蚊帳の外ではありますが。

どのルートでも救いはない

寝取られゲーってなんやかんやで救済ルートがあるんですよ。
後味の悪さをほぐす意味合いでしょうか。あるとないとではメンタルの状態が変わります。

が、本作にはそれがありません。どのルートも地獄です。ていうか、主人公が関わるとろくなことになりません。

ヒロインを救う純愛エロゲーの主人公とは大違いです。疫病神の化身にふさわしい。
救いの無い後味の悪さ。凌辱寝取られゲーの醍醐味と言えるかもしれません。

女体汚辱の後味の悪さが好きな人に合うかな。僕は好きだったよ。

主人公の疫病神っぷりを楽しめ

主人公のせいでヒロインがもれなく破滅しています。

とはいえ、主人公に過度な期待を持ったヒロインにも非はあるんですよね。
ナヨナヨしていても良いと言ったのに付き合ってから勝手に幻滅します。

変わろうとしない主人公も悪いのは間違いない。が、もう少し何とかならなかったと思わないでもない。

出会いはさっくりでエロシーンへの導入が早い

個人的には必要最低限の導入であると思いますが、人によっては物足りないと思うかもしれません。
まあ、冒頭からヒロインが主人公に惚れているからね。出会いとかないよね。

丁寧な導入をお望みの方は鬼監督やホントノキモチをオススメします。

各ヒロインの評価

支倉千穂:性行為に対する意識の差で破滅

間男

主人公の親友

お前、なんで恵太に出会っちまったんだよ。

とにかく恵太との相性が悪い。恵太はプラトニックな恋愛に拘っているのに、身体の触れ合いを求めるからおかしくなる。

親友に寝取られますが、その親友も親友で可哀そう。
千穂が原因で諸々の人間関係がぶっ壊れます。まあ、トドメは恵太のノンデリ発言だけどさ。

千穂は誰とくっつけば幸せになったのか考えさせられました。

木村遥:彼氏のセックスでイケなくて破滅

間男

遥の悪友(男)

遥ルートでは主人公けっこう頑張ってるんですよ。
なんとか男らしくなろうと。変わろうと考えてはいます。行動が伴っていませんが。

最初こそ遥もそんな恵太を愛おしく思っていました。
でも、いつまでも女々しい姿にイライラが勝ってくるわけですわ。

セックスも下手だし、ぜんぜん満足できない。
そこに現れる遥の悪友。彼を頼ることで遥の命運が決まってしまうのです。

このルート誰が悪いんだろうな。とっとと別れれば良かったのに。

東雲悠里:信じていた神が虚構と知り破滅

間男

教師&美術部員

ファンがアンチになった典型的なパターン。主人公を神格化し過ぎていた。

恵太を守るためにあらゆる男に身体を提供する羽目に。
守る内容は恵太にとってどうでもいいことでしたが、悠里にとっては命よりも大切でした。

だから奉仕をし続ける。その果てに何があろうと自分の恵太を破滅させない。そうあくまで「自分の思う」恵太を守りたいんです。

言ってしまうと自分の理想を守るために恵太を利用しているんですよね。確かに愛してるけど信仰の域なんだよな。行き過ぎなんだよ。

で、その行き過ぎがある時に反転。ありえないレベルのアンチになります。もう地獄。
全ヒロインで一番怖いまである。ここまで嫌うか?

香取葉子:元夫の調教で破滅

間男

元夫

いちばん分かりやすい寝取られを展開します。流石はバツイチの元人妻だぜ!

恵太がもっとも頑張ったルートで、長期間のアタックで無事に結ばれます。
性行為ヘタも大人の女性の余裕で教育してくれる。最高のおばお姉さんでございます。

が、元夫の登場で事態は急変。性の喜びを教えられた葉子は他ヒロインと同様に恵太に物足りなさを感じます。

その後の展開は実に寝取られ。まあ、これは間男が悪いよ。

桂木奈々子:最初から破滅

間男

実父

えっぐ…。

後味が悪い。ていうか、妙に生々しいんだよぁ。

両親の夫婦喧嘩がトラウマとなっており、夫婦の仲を取り持つために必死。
それ自体は良いんですよ。まあ、リアルでもあるだろうし。

が、その方法がえぐい。父の性欲を発散するために奈々子が奉仕し、夫婦仲を取り持ちます。倫理観ぶっ壊れてる。

物語の冒頭から調教済みのヒロインって中々いないですよ。しかも、ルートに入っても主人公のメンタルが壊れるだけで救いはありません。

他ヒロインは主人公が絡まなければセーフだったんだけどね。奈々子は無理だね。手遅れだよ。

彼女の望みは仮初でも平穏な家族であること。そのための奉仕。
そして、その奉仕を兄に知られたくない。そういう意味で主人公が知らないルートの方が幸せなのかもしれません。

ちなみに個人的には最高に抜ける境遇です。僕もぶっ壊れちまったかな…。

エッチシーン

ゴリゴリにえろい。

新鮮な寝取られ設定が抜ける

スタンダードな寝取られが香取葉子しかいないんですよね。
千穂と遥はセックスできない不満で間男に靡きますし、悠里は自己満足の自己犠牲で破滅に向かいます。

奈々子に至っては最初から破滅しています。色々と衝撃的な設定が目白押し。
救いなぞないので、鬱勃起にぴったりの作品でした。

ただ、寝取られの喪失感はそんなにありません。ヒロインの転落っぷりで抜くイメージです。

その辺は導入の短さも影響しているのでしょう。寝取られに拘りが強い人は気を付けた方が良さげ。

プレイ内容も豊富で、様々なエロを楽しめる

ただセックスするだけかと思いきや様々な需要に答えてくれます。

プレイ内容
  • 主人公と電話しながらセックス
  • 主人公と扉越しで会話しながらセックス
  • 露出調教中に主人公と会話
  • 生徒の前で強制ヌードモデル
  • 机の下でフェラチオ

などなど。寝取られはもちろん調教系でスタンダードなプレイを網羅しています。

また輪姦プレイが多いのが特徴。とにかく複数人にまわされます。

寝取られで間男以外が犯すのおかしいだろ!って人はやめておきましょう。それぐらい多い。
後、正常位が多いです。他もあるけどね。気付いたら正常位でセックスしてる。

主人公との和姦(?)プレイもあるよ!

主人公の短小を再確認するだけの地獄のような和姦セックスが各ヒロインにあります。鬼か?

まともに快感を感じると言うか最後まで愛おしく思ってくれるのは実妹だけです。
それ以外は不満たらたらで主人公に嫌悪感に近い感情を抱きます。可哀想が過ぎる。

まとめ

コスパがすこぶる良い輪姦寝取られエロゲー。
シチュも豊富でさっくり抜けるのでオカズとして優秀です。ていうか、安すぎるんだよなぁ。

至高の凌辱寝取られエロゲーはこれだ!

凌辱寝取られ廃エロゲーマーの僕がオススメする傑作をテーマ別にご紹介!
・面白さを重視したい
・エロトラップを堪能したい
・魔法少女の作品を遊びたいetc