負ければ彼女がズコバコ罰ゲーム

作品概要

タイトル:負ければ彼女がズコバコ罰ゲーム
サークル:ウサギズキ
販売価格:1365円
販売サイト:

DLsite

ゲームシステム

クイズ・ミリオネアをパロったクイズゲーム。プレイ時間は3時間程度。
結構、しっかりとしたクイズゲームで中々勉強になります。

本作は主人公とヒロインの馴れ初め話から始まります。
やや急な感じはしましたが、馴れ初め話をする事で寝取られの魅力が増しました。
馴れ初め話の濃さでは鬼監督と俺の彼女が上ですが、本作はすぐにエッチシーンに入るので、待てない人はこっちが良いかも。

エッチシーン

クイズ番組中のエッチは全て陵辱。獣姦・輪姦・ドラッグ・野外露出等、シチュが豊富です。
嫌だけど主人公のために健気に犯されるヒロイン。
しかし、快楽に弱いため、一度でもレイプされるとEDで寝取られエンドになります。
本作はクイズ番組の罰ゲームで主人公の目の前でヒロインがレイプされ、また、ヒロインの痴態が全国中継されます。
どことなく全裸登校週間 恥辱の三週間を連想させ、羞恥ゲーとしても実用的でした。

本作の最大の魅力はレイプ・羞恥・寝取られが満遍なくはいっている点でしょう。

主人公の親友にレイプされる、今までに振った男たちにレイプされる、
公衆の面前で露出をする、ヒロインが別の男と結婚する等。

ヒロインがすぐに感じるので、ひたすらイヤイヤする様を見たい人にも向いていません。
嫌だけど、感じちゃって最後は放心状態になるパターンが好きな人には向いています。

マイナス点はシーン回想がない事でしょうか。CG回想はあるのですが、
エッチシーンの前にセーブする事をオススメします。

まとめ

手軽にレイプ・ソフトな寝取られ・羞恥を楽しみたい人にはオススメ。
どれかが特化したゲームを希望の人にはオススメ出来ません。

おすすめの記事