ピチスー娘触手姦

作品概要

タイトル:ピチスー娘触手姦
サークル:ぱっくゆあらっく
販売価格: 980円
販売サイト:

DLsite FANZA

エッチシーン

着衣エロの極致

本作はタイトル通りにピッチリのスーツが全てです。
肌の露出はご法度です。あそこに挿入する部分をちょっと開けるだけです。職人技です。

いつか破くだろ・・・いつか破くだろ・・・と思っていましたが、ついぞ破かれることはありませんでした。

まさか消化液ですら全裸を回避するとはね。恐れ入ったよ。

この辺、全裸登校週間と真逆ですね。あっちは何が何でも全裸なんで。これが矛と盾か。

触手が支配する恐ろしい世界

触手っていうとエロエロなイメージがあるのですが、本作では全人類の天敵になっています。
なんかもう文明崩壊レベルのクリーチャーです。そんな怖いやつだったのか・・・。

触手といってもツル状の良くある奴だけじゃなくて、ゾンビっぽいやつやオークっぽい奴も出てきます。
そいつらから触手が出てきているイメージ。割ときもい。

そんな世界を救うべくコノハという一人の女戦士が地底に調査へと向かうわけです。

まずは精液のような何かをぶっかける

ここの触手たちはなかなかの曲者でして、コノハを強者と見るや苗床にするために画策します。

まずは媚薬をたっぷりと噴射。見た目は完全に精液。

それをモロに受けたコノハは発情。
戸惑ったところにあそこを舐められてしまいます。もちろんスーツの上から。

ヒルが更なる性感を与えていく

敵の次なる手はヒル。もちろんコイツも性感上昇要因です。えげつねえな。

体のあちこちをはい回り、今までと比較にならない快楽に悶えるコノハ。
このあたりからトロ顔が終わらないので、ぶっちゃけ表情だけで抜けます。

ていうか、着エロってそういうものだからね。

SMプレイでいじめられるコノハ

ここまでくると何をされても感じてしまうコノハ。
しめしめと奴さんは触手を鞭のようにしてコノハにぶつけます。

もう辛抱貯まらんって感じですが、なんとか脱出を試みます。

しかし、幻覚ガスをかけられ、いよいよ挿入されてしまいます。もちろんスーツの上k

最後の最後に・・・

それでも何とか脱出をしばければ。
触手の猛攻に抗いながら出口を目指すコノハ。

果たしてどうなるのか・・・って感じのストーリーです。

まとめ

着衣エロ好きはこれ以上ないレベルのオカズ。

設定もおもしろくマンガとしても読みごたえがあります。

ピチスー娘触手姦

サークル作品

おすすめの記事