作品概要

タイトル:メイの迷宮
ブランド:かみか堂
販売価格:1430円
販売サイト:

ゲームシステム

間違いなくクオリティは高い。
絵よしグラフィックよしシステムよし。そんな良作です。

お宝を目指してダンジョンを踏破せよ

本作の主人公はトレージャーハンター。
お宝の噂を聞きつけ、ダンジョンに潜るのです!

あまりにも扇情的な格好でドキっとしますな!この格好でトレージャーハンターは無理でしょ

同人誌で活動中のサークルなので、画力はお墨付きです。ぐっどだね。

3Dダンジョンで待ち受けるモンスター

3Dグラフィックにも舌を巻きました。すごい。

薄暗い雰囲気がまた良いですね。作りこんでるぅ!
全15階層で5と10にチェックポイントがあります。

慣れるまでが大変だが、コツを掴めば攻略は可能

メインウェポンは銃と爆弾。それらを活用し、敵を粉砕していきましょう。
操作性に慣れるまでが1つ目の難関ですね。

  • しっかり敵に向かないと銃は当たらない
  • 突撃すると、初見殺しにやられる
  • ローリング判定がシビア

ローリングはいわゆる緊急回避ですが、割と失敗して被ダメします。
無理に使わない方が良いかもしれません。僕は使わずにラスボスまでいけました。

ゆっくり進み、現れた敵は必ず撃破する。これを意識すれば死ぬことはありません。

コツとして動きの遅い敵は爆弾で倒していきましょう。
無くなりませんし威力も高いので、使わない理由がありません。

ただ、素早い敵には当てにくいので、そういった敵には銃で対応すればオッケーです。

ラスボスは鬼畜仕様。最後の難関

道中はゴブリンさえ気を付ければ、なんとかなります。
ゴブリンは超遠距離なので、ある程度の被ダメは割り切りましょう。間違っても突撃してはいけません。

その他のモンスターは大したことありませんが、ラスボスだけは厳しい。

そもそも15階層に出現するのに、負けるたびに10階層からやり直しなのが辛い。

発売日はチェックポイントが全くなかったので、まだマシですがそれでもきついですね。

また、初見殺しのオンパレードなので、早々に心が折れます。僕は折れた。
ここまでくればエッチシーンは回収できるので、最悪諦めても良いかもしれません。それだけ辛い。

エッチシーン

敗北レイプオンリーとなります。
画力は申し分ありませんが、シチュが平凡すぎるかなと。

モンスターに負けて犯されるのみ。
道中のエロトラップはもちろん、エロステータスもなし。犯された実績ぐらいでしょうか。

なので、エロとしてはいまいち興奮できません。ボイスは良いんだけどね。

まとめ

ゲームはやりごたえがあり、購入の価値はあります。
一方でエロは平凡なので、これをオカズにすると消化不良かもしれません。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ