陵辱エロゲーも色々ありますが、負けてからの描写が濃い作品ってあまりないんですよね。
敗北レイプもその場限りで、淫乱度もちょっと違う。

敗北して、囚われて、そこから物語が続いていく。しかも、濃いレベルです。
そんな作品が至高の凌辱同人エロゲーです。

というわけで、今回はそんなオススメ作品10選でございます。

敗北からゲームが始まる

まずはこちらから。敗北から始まる、言い換えれば囚われの身からのスタートですね。
この設定は凌辱ゲーとしては完璧です。

ただし、かなしいかな。囚われているくせに自由に動けたり協力者がいたりする作品ばかり。
なんかもう普通に生活しているだけなんですよね。

そんな中で味方0でひたすら敵から怯えて逃げ続けるだけの作品がこちら。

やはりACT系になりますよね。
UnHoly、触装の聖職者ともに装備が奪われており、服装もエロすぎるもの。

逃げてるだけでエロいってのはたまらんですよ。

性奴隷となり、住民から嬲られ続ける

どちらかというとこっちの作品の方が多いです。
それでいて濃密でえろいんですよね。

話しかけるだけでなじられ犯される。服をはぎとられる。
泣いても謝っても犯され続ける。そんな救いの無い2作品がこちら。

とにかく描写がすごい。ルシアにいたってはプレイヤーの心が痛むレベルでむごい。

性奴隷ルートありの最高峰なのは間違いないですね。

他の有名どころはこちら。

試合に勝って勝負に負ける

今までの作品はどれもヒロインの敗北が条件でした。
しかし、勝ったとしても結局は凌辱の連鎖から逃れられないヒロインも存在します。

ある意味で制作者(サークル)に負けてると言った方が良いのかもしれません。

アジャイル戦記。テルは俺ツエー!ヒロインなので、敵を容赦なく倒すんです。

ですが、彼女のいる世界はオンラインゲーム。
ゲームマスターが良いように書き換えちゃうんですよ。

勝った直後に洗脳され、なすすべもなく犯される。あまりの無力感に興奮してしまうのです。

フィーナはエロとゲームがあり得ないレベルで融合している傑作。
そりゃ3万以上売れますよね。というぐらいにエロいです。

勝ってるんだか負けてるんだかわかりません。とにかく犯されます。
いったい誰のために何のために戦うのか。それすら分かりません。

そんな終末感あふれるエロスな世界。

PT内の力関係に負けている

なにも敵だけが身体を狙っているわけではありません。むしろPT内にこそレイプ魔がいるかもしれないのです。

モノクロクエストでサトリはパーティー内の慰み者として過ごしています。
絶望の毎日。ひたすらセクハラをされ身体を汚されていくと。そこに未来はあるのか。そんな作品。

外道勇者はタイトル通りに勇者がヒロイン達を犯しまくります。
絶対的強者の前でなすべもなく、ヒロインは身体を明け渡すしかないわけですね。

仲間に負けている場合、ストーリーがどう転んでも救いがありません。
そういう意味でもっとも残酷でえろいシチュと言えるでしょう。

おまけ:同人誌

敗北して監禁された状態からスタートする同人誌もありますね。
ここでは敗北からが本番のオススメ同人誌もご紹介。

まとめ

というわけで、今回は敗北からが本番のオススメ凌辱同人エロゲーの紹介でした。

どうしてもシナリオが陰惨になるので、純凌辱ゲー以外はシナリオに加えづらいんですよね。
ハッピーエンドを用意するとなるとマルチエンディング方式となり作業量が膨大になります。

しかし、単発陵辱より終わらない凌辱の方がエロいのは確か。
ぜひともこういった絶望感あふれる凌辱ゲーも増えて欲しいですね。

おすすめの記事