CHAOS CROWN

作品概要

タイトル:CHAOS CROWN
サークル:
販売価格:1620円
販売サイト:

ゲームシステム

プレイ時間は10時間超。3人の主人公のストーリーを進める大作となっています。
が、これは途中で挫折する人が多そうだなと。

シナリオ

戦乱のやるせなさを描いた宴さんおなじみシチュ。
凌辱のスパイスとして申し分ないのですが、やはりキャラや固有名詞が多すぎてついていけない・・・。
国名はまず覚えていませんし、キャラの名前も半分も怪しいです。
幸いシナリオの理解が浅くても進行には問題ありませんが、同人エロゲーにしては風呂敷を広げすぎている感があります。
いっそ2つの作品にしても良いぐらいなんですが。

戦闘

良くも悪くもRPGツクール。レベルを上げて装備をそれなりにしておけば詰まる事はありません。
シナリオに力を入れている分、戦闘システムは特筆すべき点はありません。
なんというかゲームである以上、ある程度の育成要素は欲しいところなんですが。
また、使用キャラは多いのですがイマイチ使い分けの必要性を感じません。

エッチシーン

凌辱エロは正直な話、他の追随を許さないレベルです。ぶっちゃけナンバーワンです。
まずほぼ対人レ〇プで固められているのがグッド。敵軍や味方軍に蹂躙される姿は圧巻です。
一応、触手もありますがそこまで多くはありません。
また短いが上に余計な前戯はありません。いきなり突っ込みます。
特に軍師アレイナの凌辱は素晴らしかった。ガラス張りの部屋で犯されまくり。周囲の視線に羞恥を感じながらもだえる姿はたまらないですね。
CHAOSCROWUN.jpg
ただまあ、もう少しキャラを減らしてもとは思ったり。多いとその分だけ好きなキャラのシーンが少なくなりますし。

まとめ

断っておきますが、宴さんの凌辱エロゲーはむちゃくちゃ好きなんですよ。
分かっているとしか言えないシチュエーションの数々。エロとして最高峰です。
が、システム周りに難が多いんですよね。それ故に万人に進められないのが悩みです。

おすすめの記事