痴〇の日常

作品概要

タイトル:痴漢の日常
サークル: フリーズワールド
販売価格:864円
販売サイト:

エッチシーン

この土地の男性・・・いやらしすぎる。宮藤真琴の痴漢物語となります。
takasi2.jpg

オスダ男性の特徴「女へのセクハラ発言は当たり前」

というわけで、真琴は乗車前から変態達に囲まれてセクハラ発言の嵐が吹き荒れます。
ドストレートですよ。突っ込んだらどんな感じかを真琴本人に言うわけです。
そんな状態で電車に乗り込むと、そりゃ触れまくるわけで。
挿入こそないもののナイスバディな身体はもみくちゃにされます。えっろい。

幼馴染の合田君に初めてを奪われる

トイレ掃除中に合田君から羽交い絞めにされて犯されまくる真琴。
回想では合田君から教室で胸をもみくちゃにされます。
そして、この日を境に真琴達の生活は激変するわけですね。
電車での痴漢は当たり前。
学校では手を縛られて教師からセックス指導を強制されます。

どえろ教頭の教え子脱がしという意味不明なワザが出る程度には世紀末です。

まさに真琴のための一冊。タカシの夏休みでお気に入りなら買いです。

おすすめの記事