作品概要

タイトル:絶対に捕まってはいけない!魔女採用試験
サークル: 辰巳庵
販売価格:1430円
販売サイト:

ゲームシステム

隠れた名作。普通に面白かった。

小粋なジョークのシナリオを楽しもう

ギャグセンスが高い。勢いのツッコミと淡々としたツッコミのバランスが良いと言いますか。
井上堅二先生のバカテスが好きな人はウケると思います。

開始早々に全裸の変態が登場しますからね。なんだこいつ。

主人公は誘拐され、魔女採用試験を受ける事になります。
その魔女ってのがすごいふんわりしてる。たぶん言ってるバフォメットさん本人も分かってない。

でも、せっかく会場の準備をしたからとの事で強制的に試験が開始されました。
ただ、ところどころ準備不足で主人公の痛烈な突っ込みもあります。無視するけどね。

この辺の試験の適当さは増田こうすけ先生のギャグマンガ日和「デスゲーム」に近い。

ゲームオーバーになるとしっかり肉便器にされますからね。怖いよ。ギャグだけど。

謎のタイツマンから逃げきれ

本作で主人公に戦闘能力はありません。
襲ってくるタイツマンにはなすすべもなく犯されてしまいます。

タイツマンはガキの使い仕様で、正面に罰ゲーム内容が書かれています。
彼らの正体は最後まで不明です。そもそも人間なのかすら怪しい。

で、コイツはビックリ系の登場が多く、油断してると相当ビビります。
鬼ごっこ特有の恐怖もありますからね。クロックタワーを思い出した。あんな感じ。

ギャグ調だからと部屋を暗くしてプレイすると心臓が飛び出るので、気を付けましょう。

ギミックも凝っていてはまるぞ!

ギミックも1つ1つが面白いんですよね。
例を出すと、

  • バイブを差し込むと開くトビラ
  • 精子のシルクロード
  • リトマス紙の色変化でトビラの開錠
  • 騒音に悩む受験生の手助け

などなど。
意味が分からないかもしれません。書いていて僕も良く分かりません。でも、こんな感じです。

たまに超真面目なギミックもあります。逆にビビる。

だいたいは総当たりで行けるでしょうが、迷った時は添付の攻略メモを見ましょう。全部書いてます。

ていうか、試験会場なのに一般人?がやたら多いんですよね。どうなってんだ。
その辺の疑問は最後まで教えてくれません。ていうか、主人公の質問は全部無視されます。かわいそう。

エッチシーン

最初は全裸で歩くからさぞ恥ずかしがるだろうと思ったんですよ。
なんてことはありません。裸族の如く平然と歩き回っています。

いや、せめて胸とか隠そうぜ?ひらだんを見習って?


まあ、こういう作風なら当然かなと納得もできますな。
いろんなハプニングがある中で全裸なんて些細な問題よ。

で、捕縛された時のレイプはまあまあエロい。
それなりに嫌がってますからね。エッチな身体を堪能できるのは良いね!

タイツマンに捕まった時ぐらいしかエッチシーンがないので少し残念だったり。
後、やっぱり羞恥は欲しいですよね。恥ずかしがる女の子をもっと見たいんだぜ。

そんなこんなでエロいんですが、ギャグ調のせいか興奮しきれない面もあります。
絵は上手いんですけどね。

まとめ

小粋なトークが面白い。
が、面白すぎてエロシーンまでギャグに見える不具合。

淫靡で羞恥にまみれたレイプを期待してはいけません。

鬼ごっこゲーム

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ