作品概要

タイトル:女囚騎士セリシア
サークル: 黒雛
販売価格:3036円

ゲームシステム

シンプルにえろい。
官能小説を題材にしたエロゲーであり、原画担当はどちらも同じとなっております。

女囚騎士セリシア

囚人たちが蔓延る砦を管理するセリシアの運命

元々は親衛隊の分隊長でしたが、上司に逆らったために監獄へ左遷されます。
看守長だとは思いますが、囚人が自由に動き回っていて制御できていないんですよね。

なぜか娼婦が存在しており、性欲の福利厚生が完備されています。極楽か?

囚人はゴミなので、娼婦が壊れるまで犯すこともあると。
そのたびにセリシアが武力制裁をしていますが、再犯を繰り返します。

そして、ついにはセリシアに毒牙がかかってしまうのです。いったいどうなってしまうのか?

監獄を舞台にした作品と言うと、ラフィを思い出しますね。

2人の視点を選べる凌辱劇

ゲーム開始時の2人の主人公を選べます。

  • 陵辱される側のセリシア
  • 陵辱する側のゾーゲム

どちらを選んでもストーリーの大筋は変わりませんが、エッチシーンに若干の変化があります。
そもそも心の声が主人公によって代わりますからね。一粒で二度おいしい構成と言えるでしょう。

2つの肉体で弄ばれるセリシア

もう1つの面白い試みとして、セリシアを大人タイプと子どもタイプのそれぞれで犯せます。
時代が違うのではなく、魔術師の肉体操作によるらしいです。

大人と子どもで演じ分ける声優さんの名演技が光りました。

外見的な違いは一見すると分かりませんが、割とこだわっているのが分かりました。

2人のセリシア
  1. 大人セリシア:ショートヘア。キツイ目でやや筋肉質
  2. 子どもセリシア:ロングヘア。柔らかい目で身体も丸みを帯びている

なお、おっぱいのサイズは変わりません。生まれながらにして巨乳の持ち主だったのでしょう。

選択肢によって決まるセリシアの運命

ルート分岐が割と複雑で、トゥルーエンドは攻略サイトを見ないと難しいでしょう。
とっととクリアしたい人は煩わしいかもしれない。

ちなみに本作は魔術のなんでもあり感が凄いです。ドラえもんの道具レベルでした。

エッチシーン

褐色巨乳美女がレイプされるのたまんねえ!

選べる3つの調教

セリシアに恨みを持つゾーゲムはあらゆる方法でセリシアを堕とそうとします。

  • 監禁陵辱調教:ゾーゲムがメイン
  • 羞恥輪姦調教:酒場での輪姦
  • 複数プレイ調教:レズプレイ

そのどれもがセリシアを犯すためだけのエロイベントです。彼女以外にレイプされる女性はいません。
地の文では犯されてるっぽいですけどね。主人公に絞ったのでしょう。いいね。

全裸エッチオンリーのエロイベント

着衣エッチはありません。
最初こそエロい服を着ていますが、一瞬で全裸にされます。

全体を通して着衣エッチ好きには合わないと感じました。逆に全裸エッチ好きはドはまりします。

ていうか、普段着がビキニアーマーなので、全裸みたいなものですけど。

シンプルにエロくて抜ける

強気な女性が無力化されてレイプされる日々。
この作品ならではの特徴と言うと難しいですが、エロい要素はきっちり抑えています。

絵が好みなら勝っても後悔はしないでしょう。

なお、シーンごとに快楽に流されますが、完堕ちするのは最後の調教が終わってからなのでご安心を。

まとめ

ヌキゲーらしくまとまった良作。
褐色美女って割と供給が少ないので、嬉しい限りですな!

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ