作品概要

タイトル:女体でもてなす接待旅館
ブランド:Guilty`Dash
販売価格:1760円
販売サイト:

作品概要

エッチで安い!エッチで安い!

Guiltyが新たに打ち出したロープライスブランド「Guilty`Dash」の5作目。
Nightmare Projectですでに安かったんですが、本作は破格の1,760円。同人エロゲーと比べても安い驚きのプライスです。

それでいてGuiltyのオハコである輪姦は変わらない。もうたまらない。本当にここまでやって採算が取れるのか?逆に不安になる傑作です。

倒産寸前の旅館を守るために身体を売る母娘

家族の思い出が詰まった旅館。
それを潰さないために健気に身体を売る若妻の陽葵。

しかし、度重なる凌辱で身体が疲弊し、ついには倒れてしまうと。
その代わりの生贄となったのが主人公である椎名琴里。

義母の代替として逃げ出せない凌辱地獄に堕ちていくのです。

経営不振と言えば、強制売春の入り口として十分。
淫辱荘も売春宿として、数々のヒロインが凌辱されていましたね。

導入は最小限に怒涛のエロイベント発生

ロープライスということで、シナリオも最低限の起承転結でまとめています。
なので、虜シリーズのようにキャラに愛着を持つのは難しいでしょうね。

プレイ自体は2時間程度で終わります。
分岐も1つのみ。バッドかグッドに進む際ですね。まあ、あるだけびっくりしましたが。

コンパクトにまとめており、余計な話を挟まないのですぐに抜きたい人にはぴったり。

エッチシーン

低価格でありながら8つもあります。コスパ良いなあ!
内容はこんな感じ。

  • 琴里6
  • 陽葵1
  • 母娘丼1

旅館に暴漢である作業員複数名が住んでおり、時間を問わずに肉便器として呼び出されます。
寝室・屋上・大浴場。母娘に休む場所はどこにもないのです。

もちろんフルボイスであり、原画はお馴染みのティータ.Jさん。ロープライスだからと言って手抜きは一切ありません。

ヒロインの数は2人少ないですが、むしろ1人でないことに驚きですよね。
義母の陽葵は2シーンしかないので、琴里が好きかどうかが購入の決め手となるでしょう。

性格的には虜の姉妹の瓜生双葉に近いですね。強気な性格を崩しません。

まとめ

間違いなくオカズとしてコスパが高い。
虜シリーズと似た展開なので、本作をプレイして合ったなら虜シリーズを買うのをオススメします。

あちらはフルプライスでボリュームも段違いだからね。めっちゃ満足できるよ。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ