作品概要

タイトル:帝國の関所番
サークル:テングステン
販売価格:1320円
販売サイト:

DLsite

ゲームシステム

通行管理局の職員として通行審査をするゲーム。
とあるゲームのオマージュとのことで調べてみましたが、おそらくPapers, Pleaseなのかな。

勤務時間が決まっており、その間にプレイヤーの任意の人数を審査していきます。

審査内容として、序盤は切符の発行日と期限が正しいかの確認だけでオーケー。
流れ作業で結構な人数をさばけます。

しかし、ステージが進む毎に「武器の携帯・国籍・身体的特徴」など審査項目がどんどん増えていく仕様。
ただのクリックゲーと侮ると間違った審査をして評価を落としてしまうかもしれません。

また、ステージによっては衛兵にワイロを送れ、評価をちょろまかすことも可能。
色々と作りこまれていて、時間を忘れて没頭できました。

女性の下着を奪って横流しする様は悪とそのもの。良く許されるな、最高だ。

エッチシーン

ゲームメインでエロはおまけと言ったところ。
正面かバックから犯すのみで、シチュもありません。

ただ、権力を盾に犯すってシチュだけで十分なエロスあるんだよなあ。

これだけでオカズとはなりませんが、想像以上にエロかったです。
まあ、でももうちょっとエロが欲しかったりもする。

まとめ

ゲームメインとして非常に面白い作品。
エロも悪くなし。ただ、エロ目的で買う作品ではありません。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ