誘拐少女

作品概要

タイトル:誘拐少女
サークル:スタジオ白い羽根
販売価格:1944円
販売サイト:

ゲームシステム

んー、正直ゲームとしてはどうかなあと。ちょっとやりづらい。
本作は2つのパートから構成されています。
少女を捕まえるパートと凌辱パートですね。
んで、少女を捕まえるパートでは様々なマウス操作を使います。
写真下では移動先を決めて、少女を追い詰めていきます。
11.jpg
ただそれがいまいち良くわからないというか、これ面白い?的な感じが強い。
戦略性がないんですよね。所定の位置まで移動するだけなので。
警察とか住民の目を掻い潜るというのはありますが、それも移動するだけで回避可能ですし。
で、少女を捕まえるシーンでは手を操作することになりますが、これもちょっと面倒。
僕の技術の拙さもあるのでしょうが、いまいち操作が上手くいかない。
シチュによっては失敗で最初からやり直しなので面倒なんですよね。

エッチシーン

様々な体位で少女を犯していきます。
123.jpg
まあ、エロいっちゃエロいんですけど物足りない。
セリフがほぼないので犯されてるシーンを見るだけ。抜きどころが難しい。
後、次のパートに進む条件も分かりにくいかなーと。
何度か犯すか日数経過で次のパート行くんですが、そのフラグ探しが大変なんですよね。
いやまあエロいとは思うのですが。なんだろう。こう腑に堕ちない感は。

まとめ

この価格にしてはボリューム不足感がいなめません。
半額セールがあればやってみるかーぐらいで良さげです。

おすすめの記事