女子高生レシカちゃんの輪姦されまくり冒険記

作品概要

タイトル:女子高生レシカちゃんの輪姦されまくり冒険記
サークル:KICHUREA
販売価格:735円
販売サイト:

ゲームシステム

ストーリーは皆無のよう、レシカが輪姦されることが全てです。

エッチイベントを探すために街をめぐります。駅からダンジョンに行ってもイベントは無し。
トロールや触手戦では負ければイベントがありますが、勝っても何もありません。
ここまでストーリーがないのは逆に清々しい。終末感のある世界設定を期待してプレイするのはやめましょう。
ゲームシステム自体は低価格でありながら、かなり凝ってます。
ジョブ(女子高生・ホーリーセイバー・魔法少女・、アスターブレイド・格闘家)毎に覚えるスキルが違います。
また、武器や防具を鍛えることができるため、レシカを自由にカスタマイズできるのが面白い。
個人的にはゲームシステムを簡略化してでも、ストーリーを持たせて欲しかったですが。

エッチシーン

街でエッチイベントを探すと言いましたが、男に話しかければ高確率で輪姦されます。
触手に負けたレイカを助けずに陵辱ショーを見守る街人、酒を飲ませて襲う少年、事ある毎にセックスを要求するクラスメイト、銭湯で繰り広げられる輪姦祭。
「街の外は魔獣がいっぱいだ。このハラジュクは安全だよ」という男がいますが、

レイカの身体にしか興味がない男達がいるハラジュクの方が間違いなく危険です。

陵辱ゲームとしては、これが正しい姿なのかもしれません。
セティちゃんのえっちな借金返済ぼうけん記と違い、エッチシーンでセリフがあるのは嬉しい。

セティちゃんのえっちな借金返済ぼうけん記
ただ、陵辱とは言うものの、レイカは基本的に相手を受け入れてしまうため、陵辱としては物足りないです。

まとめ

ストーリーは諦めてレイカの輪姦を楽しむゲーム。体験版で興味を持った人は満足できるでしょう。
ただ、セティちゃんのえっちな借金返済ぼうけん記の方がゲームとしては楽しいです。

おすすめの記事