作品概要

タイトル:アカリと淫獄宮の深淵
サークル:おふろワークス
販売価格:2200円
プレイ時間:3時間弱
販売サイト:

ゲームシステム

バトルファック好きのあなたへ。
戦闘エロに情熱を注ぐおふろワークスさんの傑作ご紹介です。

シナリオは超シンプル

魂を奪う化け物を退治する物語…ではありますが、ストーリー性は皆無です。
冒頭に3行粗筋があるだけですからね。とことんヌキ特化に作られているわけ。

クリアの達成感はそんなにないので、がっつりゲームしたいぜ!って人には向いてません。

戦闘が意外と楽しい

ただのヌキゲーと思うなかれ。想像以上にゲームしてる。
本作にMPの概念がなく、何度でも魔法を使用できます。

その代わり、魔法ごとにクールタイムが設定されており、乱発できない仕様になっています。

クールタイムの長いスキルを乱発すると、もしもの時に対応できません。
いかに魔法を効率よく使用するかのゲーム性が求められているのです。

もっとも終盤は魔法を20個以上覚えるので、魔法を一切使えないことにはなりません。

また、レベルも簡単に上がるので、詰まることはまずないでしょう。
ちょっとしたゲーム要素として楽しむと吉。

武器ガチャで最強装備を作ろう

装備の種類がかなり多く、カスタマイズ性もあります。

装飾品はランダムガチャで手に入り、武器は敵ドロップがメイン。
攻略難易度にそんなに影響しないですが、これもちょっとした楽しみとして活用していきましょう。

エッチシーン

おらぁ!戦闘中に犯されるんだよぉ!

全ての敵にバトルファック搭載

ボイス付きで更にエロくなったバトルファックをご堪能あれ。

差分もしっかりあり、エロレベルに応じて犯す穴が増えていきます。たまんねぇな。

あらゆる化物に蹂躙される少女を視姦してやろうぜ!
ちなみに全裸にはなりません。そこだけが口惜しい。

触手が圧倒的だが、対人レイプもあり

とにかく触手・触手・触手。
触手好き以外は帰ってくれと言わんばかりのラインナップです。

ただ、人型タイプの陵辱もあるので、対人レイプスキーも買って損はありません。

エロシチュのワンパターン感が気になるか

セリフらしいセリフがほとんどなく、言葉責めを期待できません。
同様に羞恥や屈服系もないので、若干のワンパターン感はあります。

エロステータスも言うほど変化をもたらさず、色々なシチュを求める方には不向きかもしれません。

序盤は良いんですけどね。終盤はどうしてもマンネリを感じる。

まとめ

もはや多くは語るまい。バトルファックの極致を見るのだ。
価格相応のエロさは十分にあります。

至高の凌辱寝取られエロゲーはこれだ!

凌辱寝取られ廃エロゲーマーの僕がオススメする傑作をテーマ別にご紹介!
・面白さを重視したい
・エロトラップを堪能したい
・魔法少女の作品を遊びたいetc