サバイバルRPG アリサ×絶望シティー

作品概要

タイトル:サバイバルRPG アリサ×絶望シティー
サークル:with Seriousness
販売価格:1296円
販売サイト:

ゲームシステム

あれ?これ実は面白いぞ?
ゲーム性よし、雰囲気良し、エロよしといまいち売れていない理由が分からない良作。
バイオハザードをパロっており、ハーブなどが用意されています。
雰囲気が良すぎてホラー苦手な人にはきついかもしれません。
僕も途中から震えが止まらなくなったのでBGMオフにしました。
ストーリーはおばさんの家に向かう主人公がゾンビの群れに巻き込まれる話。
2つのステージの謎解きをしながらクリアをめざしましょう。
CG724.jpg
本作の難易度を引き上げている理由がレベルアップの概念がないことでしょう。
敵を倒してもムダに弾薬やハーブを消費するだけ。
かといって、回避も容易ではありません。もちろん逃げられない。んだよ、あいつら大魔王かよ。
謎解きのギミックも多く、人によっては投げ出すかもしれません。
とはいえ、詰む程でもないんですけどね。ハンドガンの弾は結構ありますし。
至る所にパスワードがあるのでスクショ推奨。
最後にちょっとだけ攻略情報。(反転表示)
【途中の蓄音機で詰む人】
あいつらはナイフも拳銃も効きません。途中で手に入る硫酸まで我慢しましょう。
外の探索も忘れずに。
【グッドエンデイング】
病室のベッドで寝ている住人を調べられます。光ってないので見落としがち。
そいつに道中で手に入ったペンダントを渡せばオッケーです。

エッチシーン

戦闘中のファックメイン。
ボイスありアニメーションありと実用性は結構あります。
CG719.jpg
敗北後も一枚絵がありますが、種類もないので敢えて負ける必要はありません。
物理攻撃よりエロ攻撃の方がいたくないので、なるべくエロエロにしてほしいところですね。

まとめ

ホラーゲームとして作りこまれた良作。
他ゲーで飽きた人にオススメです。ホラー耐性無い人はBGM切りましょう。

おすすめの記事