作品概要

タイトル:幼馴染は吸血鬼
サークル:もっこりファクトリー
販売価格:1430円
販売サイト:

ゲームシステム

間違いなくエロくて面白いんだけど、難易度設定をミスってる感が強い。

本作を一言で言うなら「ロンダルキア」が100階層になって帰ってきた。
なんのこっちゃって言う人はロンダルキアでググろう!

平たく言うと難易度がやべえってことです。では、詳しくレビューしていきましょう。

※アップデートで救済システムが搭載されました。後述します。

吸血鬼から人に戻るために戦う2人(と1匹)

とある事情で吸血鬼となったクゥル。
血を吸わなければ人として生きられるのですが、運の悪いことに吸血鬼検査官が来てしまいました。

もしばれたらどうなるか分からない。
そんな時に使い魔が現れ、吸血鬼から戻る方法を教えてくれるわけですね。

さて、その条件とはダンジョンの踏破。
100階層からなる深いダンジョンを潜っていくことになったのです。

そして、ここからが本当の地獄だ・・・!

主人公たちが敵と向かい合い戦う

もっこりファクトリーさんはレトロな作風に定評があります。
今回は向かい合い戦うシステムを搭載。どこか昔に見た気がしますねノスタルジック。

敵キャラもしっかり作っており、随所に工夫が見られます。

3人の能力としては、主人公が補助系、クゥルが物理、カラスが魔法となっています。
クゥルが攻撃以外にすることがないので、武器は彼女に持たしていきましょう。

また、内部的にカラスは敵からの攻撃を受けにくいようになっているとのこと。

なので、主人公とクゥルに防具を優先して装備するのが良いですね。

NTR度と吸血鬼度の管理に要注意

100階層をのんびりと踏破すれば良い。
なんてことは吸血鬼検査官が許しません。

ダンジョン攻略度がNTR度を下回るとゲームオーバーとなるのです。
同様に吸血鬼度も下回ってはいけません。この辺の管理が中々に面倒です。

NTR度は日数経過、吸血鬼度はダンジョンに潜ったり吸血したりすることで上がります。

見落としがちなのがNTR度と吸血鬼度の関係。
なんと吸血鬼度もNTR度を下回ってはいけません。ゲームオーバー一直線です。

説明はあったんですけどね。因果関係が謎なので、普通にスルーしてました。(3敗)

鬼畜難易度の理由

はい、では本題。
随所に工夫のあるシステムですが、それらが組み合わさって鬼難易度になっています。

ざっと羅列しましょう。

  1. 制限時間が決まっており、悠長にレベル上げができない。
  2. ダンジョンで回復ができない。
  3. 1人でも死亡すると撤退しなければならない。
  4. 経験値とお金が渋い
  5. 敵がやたらと強い

1番は良いですね。問題はそれから先です。

ダンジョンで回復が一切できない上に1人も死亡者を出してはいけません。

なぜ回復を縛ったのか謎ですが、とにかくできません。
なので、軽い気持ちで進みまくると事故って撤退になるケースがやたらと多いです。

あ、ちなみにダンジョン内でセーブはできません。甘えるな。

また、敵が階を進む毎にどんどん強くなります。
体感的に壁は50階層から。そこからは1階戦うだけで限界です。

ならば、レベルを上げて装備の質を上げれば良いじゃない。そう思うでしょう。
まあ、その通りなんですよ。

ただ、レベルが上昇してもそんなに能力値が変わりません。普通に敵の攻撃が痛いです。

で、肝心の装備ですが、お金がマジで足りません。

敵の落とす金額が少ないんですよ。貧乏か。
しかもダンジョンに宝箱が無く、売って資金を稼ぐ方法もできません。

日数制限もあるので、常にPT全員を最強装備にすることは不可能です。
いちおう周回要素で獲得ゴールドの割合は増やせます。

が、敵のドロップ額はそもそも20~30G程度なので、割合で増えてもお得感がありません。
そもそも敵が強すぎて、1~3戦が限界なのです。お金なんて増えません。

方法としては敵の弱い階層でひたすらザコを借り続ける事でしょうか。
魔方陣ぐるぐるのファンタジー北島ばりの苦行になりそうではあります。

んじゃ、どうするのか。1つしかありません。

どんどん強くなる敵から逃げ続け、ボスまでたどり着くです。な?ロンダルキアだろ?

あとちょっとでエンカウントして逃げられずに死んだときは発狂した。

アップデートにより難易度緩和

流石に脱落者が多かったのかアップデートで難易度調整されました。
その1つが戦闘なしモード。文字通り戦闘を回避できます。

その代わりに敵とエンカウントすると右上の体力が減っていく仕様になりました。
これにより回避ゲーとして楽しめるように。

また、戦闘ありでは従来通りですが周回のボーナスが豪華になった模様。
他レビューによると攻略が容易になっているようです。僕は再プレイする気力が無いので未確認。

エッチシーン

ガチでエロい。ダンジョン踏破の達成感と合わせるとテクイノブレイクできる。

隠し方がエロいんですよね。
もうちょっとで見えそうな除き穴。でも、全部は見えない。セリフも半端にしか聞こえません。

明らかにエロい事をしているのに確証を持てない。
全くしゃべらない主人公の葛藤はいかほどのものだったのでしょうか。

ちなみに周回でセリフも絵もはっきりと見えるようになります。そこまでのカタルシスを満喫しましょう。

ちなみに眼鏡娘ですが取れるようにはなります。その辺はお好みで。

じわじわと堕とされるクゥルが最後に行きつく先は?期待が高まりましたね。
ねっとりと進むプレイがお好みの方は最高です。

まとめ

面白くてエロい。高難易度の対策もされたのでゲームとしても楽しめます。
システムはどれも斬新なので、ぜひ戦闘ありで攻略してみてください。

サークル作品

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ