作品概要

タイトル:真・蟻地獄
ブランド:ALL-Time
販売価格:3850円
販売サイト:

ゲームシステム

CGは良く、キャラも悪くない。なんだけど、ヌキゲーとしては消化不良感があった本作。
見ていきましょう。

クズ野郎の婚活物語

主人公の後藤武雄は凌辱ゲーにふさわしい悪の塊であり、女を性欲のはけ口としか思っていません。
泣き叫ぶ女をレイプすることに生きがいを感じているクズですが、その最終目的は嫁探しなのだから恐ろしい。

片田舎で何不自由が無いけど、穴は欲しいな。だったら若い女を捕まえようぜ!そんな狂った思想なのですが、とにもかくにも婚活をしたいのは嘘ではありません。

そして、集められた4人の少女達。

こうして男1:女4の婚活パーティーが幕を開けるのです。狂ってるよ。

容赦のない凌辱だが、物語はどこかコミカル

性欲猿でありながら理性をしっかり持っており、そのための準備を欠かさない後藤。
話術、料理、雑務などあらゆるスキルが高く、使用人としての実力は本物です。

そんな後藤を信用した少女を1人また1人と食っていくわけですな。
ただ、時には女の態度に戸惑う可愛げのある部分も。ただの冷血漢ではなく、人間臭さがあるんですよね。

この辺は鬼作に近いです。ていうか、性格はほぼ同じではなかろうか。

陵辱ゲーですし、終わりは容赦がありません。
しかし、悲壮感も感じない良い塩梅のシナリオです。

選択肢の少ないシンプルなADV

各ヒロインの個別シナリオがありますが、選択肢はほとんどありません。
なので、CG回収で迷う事はないでしょう。

純粋にシナリオだけを楽しめますね。

エッチシーン

けっこうマニアックだなあという印象。
絵だけなら一般受けするんだけど、シチュまで考えると購入はある程度の覚悟がいるかもしれません。

蟲・獣・スカ・SMなんでもござれ

とにかく特殊なシチュが多い。
純粋なセックスシーンは思った以上に少ないんですよね。

ここがマニアック!
  1. 裸のヒロインにはちみつを塗り、蟻に吸わせる
  2. 彼氏にヒロインの糞を食わせる
  3. ヒロイン同士で糞の量を競う

などなど。これで抜くには中々に癖が強い。

ていうか、はちみつと蟻のシチュってジャンルなんなんでしょうね。蟲姦?
大量の蟻が密集するので絵面がけっこう辛かったです。覚悟の準備をしておいてください。

スカトロプレイもただ出すだけでなく、それを踏まえて更なるプレイに繋げるから驚き。ライターのスカに対する拘りを心で感じました。

一般プレイヤー置いてけぼり感は辛いと思う。凌辱ゲーに一般も何もない?せやな。

泣き顔は圧巻のエロさ

泣き顔は他作品にはないエロスを秘めています。
透明な涙を歪む顔を伝うのは本当に素晴らしい。この点は本当に感動した。

ヒロイン、特に千条院嵐は後藤を全力で罵倒してくるので、高揚感もひとしお。
だったらもっと泣かせてやるよ!という後藤に共感してしまいますな!

個別ルートに入っても他ヒロインが入ってくる

ここは人によるでしょうが、個別ルートで他ヒロインが入ってくるのは不満点でした。
僕は嵐のエッチシーンだけ見たいのに逐一、割り込んでくるんですよね。

特に人妻の志保が本当に邪魔。コイツは堕ちた後なので、陵辱テイストが崩れるんですよね。

キャラとしては好きですが、エロは少な目で良かったなと。

まとめ

画力は素晴らしく、キャラも立っている良作。
しかし、全体的にマニアックでノーマルプレイはあまり期待できません。

後、個別ルートに苦手なヒロインが割り込むのもマイナスでした。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ