陵辱交換日記[地下室編] 〜先生に連れて行かれたのは、古いビルの地下室でした〜

作品概要

タイトル:陵辱交換日記[地下室編] 〜先生に連れて行かれたのは、古いビルの地下室でした〜
サークル: FreespaceP
販売価格:1620円
販売サイト:

ゲームシステム

これはまた業の深い作品が生み出されちまったな・・・・。

シナリオ

アヤセは凌辱官能小説を書いていたが、それを教師に見つかったため凌辱される、と。
ここまでなら良くあるシチュですが、凌辱された後にアヤセと教師は交換日記を書き始めるわけです。

アヤセは自分が凌辱された様子を詳細に書いていき、教師は教師でアヤセとの凌辱の日々を書いていきます。
交換日記の在り方を根底から覆される話だなと。ラブラブカップルなんていません。歪な関係あるだけ。
本作はその交換日記が数年の時を経て、新任教師が読みながら進んでいきます。こういった切り口は面白いですね。
ちなみに本作は続編で宿直室編が1話になります。今回はより濃密そうな2作目を購入しました。
陵辱交換日記[宿直室編] 〜被害者の私と加害者の先生〜

システム

ただシナリオを読むだけでゲーム要素はありません。セーブ&ロードはありますが、まあ1時間程度で終わります。

エッチシーン

いやもうこれ本当に濃ゆいですよ。アヤセが地下室に行くと教師以外に名も知らぬ3人の男がいたわけです。
そいつらが執拗にアヤセの身体を弄んでいくわけですね。
バックからガンガン突き、アヤセが気絶した後も正常位で容赦なく貫きます。
アニメーションもあり、また、大人しい喘ぎ声が興奮を誘います。

で、何が凄いって凌辱された様子をアヤセ本人が淡々と報告していくんですよ。

救いのない状況を当の本人が書き綴っていく。交換日記を読んでいた新人教師も言っていましたが、あまりにもあり得ない状況です。しかし、だからこそ興奮してしまう。
さて、7時間にわたって地下室での凌辱が終わりますが、物語はそこで終わりません。

宿直室で明かされるアヤセ凌辱動画の行方。それを知った新任教師は母となったアヤセに凶行を働く・・・。
アヤセにとって交換日記の凌辱悪夢が再び始まるのです。
そして、最後にはアヤセの娘まで凌辱され最悪の結末で物語は幕を閉じます。
ここまでえげつない作品は早々ないですよ。本当にすごい発想だなと思います。

まとめ

比較的後味の悪くない作品を紹介している当サイトの中では異例の傑作。
エロさは保証しますが、覚悟を持ったプレイをオススメします。

おすすめの記事