Rana=Carta

作品概要

タイトル:Rana=Carta
サークル:Desire Gadget
販売価格:1050円
販売サイト:

ゲームシステム

バトル

バトルシステムが非常に面白い。
レベルは本人・職業・装備毎にあり、職業・武器が上がればスキルを覚えていきます。
武器は1人2つあり、それぞれで覚えるスキルが違うため、2週目で装備を入れ替えることで飽きずにできました。
キャラ毎に個性があるため、各キャラの戦闘スタイルを意識した戦いができるのも嬉しい。
ゲームによっては名前が違うだけでやることは変わらないとかありますからね。

シナリオ

マルチシナリオ。マルタルートは本ゲームのタイトルに関係ある話なのに端折りすぎて分かりにくかった。
壮大な設定を上手く転がすには時間が足りませんでしたね。
というか、レイスとの仲が中々進展しないという設定なのにルートに入った途端に恋仲になるのは如何なものか。
片思いが続いて最後に結ばれる展開なら納得出来たんですが。
一方でプリムローズは城の奪回というシンプルなストーリなので、短いながらも楽しんで読み進められました。
最後にグリセルダルートですが、実はやってません。気力が持ちませんでした。
マルチシナリオの最大の欠点なのですが、周回全体のため飽きない要素を散りばめていないと続かないんですよね。
周回プレイでは各キャラの最強武器と職業・武器レベルを引き継げますが、本人のレベルは初期化されます。
そのため、スキル以外は弱いので、2週目も苦戦しながら進みました。
ダンジョンも多く、エッチイベントも少ない。エロ目的の人に周回をさせるのは酷というものです。

エッチシーン

これも不満が残りました。
まず敗北イベントは各ヒロインに1つしかありません。
それ自体は良いのですが、どのバトルで敗北イベントが発生するか全く分かりません。
マルタはラスボスだったので、プリムローズも同じだと思っていたのですが、どうもフェンリル戦だったようです。
私は1つしかセーブしないため、気づいた時には手遅れ。結果として、敗北イベントはマルタしかみていません。
エッチイベントを見る以前の問題かなと。いえ、陵辱が苦手な人は良いんでしょうけどね。
1ヒロイン4つのイベントの内、敗北以外は和姦なので、そこを逃したら終わりなんですよ。
で、マルタの陵辱ですが、これが結構すごかった。いや、壮絶でした。
精神崩壊したマルタが別の人格を創りだして、娼婦になるエンドです。
これが結構くる。ほのぼのレイプが好きな人はトラウマになる可能性もあります。
陵辱メインのゲーム作って欲しいと思いました。

まとめ

周回前提でダンジョンが多く、陵辱も少ないためオススメはできません。
ただし、ゲームシステムは面白いため、ゲーム目的で買うのは良いかなと思います。

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: d4fbb7d8d5603db43ac2094f5955787c
    グリセルダルートなかなか良いですよ、
    途中で気力果てたのはちょっともったいないですね。
    当然ながら、途中までの細かいクエは無視してメインストリーだけやればダルくないので気が向いたとき再開もよいかも。
    私の場合は各キャラの最強武器とエビルスフィア4人前(周回しても所持したままになる)を全部集めるのを主眼としてエロも回収しつつ進めました。

  2. かも より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    バトルシステムが非常に面白く買って後悔はしていないのですが、3週はちと持ちませんでしたねえ。
    グリセルダルートは確かに気になります。時間をおいてプレイしようと思います。

おすすめの記事