作品概要

タイトル:アルプスと危険な森
サークル:えっくす・らびっと
販売価格:1404円
販売サイト:

DLsite

ゲームシステム

やはり凌辱ACTの真骨頂は無力な女の子がやられちゃう展開だと思うわけです。
というわけで、本作は少女がレイプ魔から必死に逃げ惑うゲームとなっています。

ゲームとしてよくできていまして、途中途中のギミックが本当に面白い。
初見殺しもありますが、あからさまな罠もいくつかあります。

まあ、凌辱目的の殿方は進んでひっかかるんですけどね。この作者心得てるわ。

んで、イベント毎に選択肢もあり、少女に行動が委ねられます。例えば、このシーン。

進むか戻るかを選択しなければなりません。まあ、戻ればお察しの展開ですけど。
幻想的な雰囲気も相まって、ワクワクが止まりませんでした。

エッチシーン

ここまでいじめがいのあるヒロインを見たことがあっただろうか。
声を押し殺しながら犯される少女に興奮が止まりません。これだよこれ。

また、本作ではムービー形式の凌辱シーンもあります。これ。

少女が涙ぐみながら懇願するシーンはもうたまらんです。犯してって言ってるようなもんじゃないか!

至る所にエロスが存在し、また異種姦と対人もほどほどにあるため、誰もが満足できる作品です。
異種姦・機械姦オンリーは飽きるんですよね。いい塩梅です。

まとめ

売れるには訳がある。
本作は現時点で2万以上は売れていますが、納得の出来です。
しかも、これが処女作ってんだから最近のサークルさんの力は驚くばかりです。
すでに次回作が待ち遠しいですよ!

凌辱作品ピックアップ