VALKYRIE CHILDREN

作品概要

タイトル:VALKYRIE CHILDREN
サークル:
販売価格:1575円
販売サイト:

ゲームシステム

過去作品と比べて、操作性が飛躍的に向上しています。
敵シンボルにぶつかると戦闘(一部、ランダムエウンカウント)になります。
TPを貯める事でワザを使う等、新要素が盛り込まれています。

シナリオ

シナリオはいまいちでした。
本作は柱となるキーワードが【兄弟の確執】、【歴史】、【悪意の収集】の3つですが、どれもが十分に書かれていません。そのため、中途半端な物語に感じました。
【歴史】は除き、他2つの話の比重を増やすべきだと感じました。
【歴史】は直接はラストに関係しませんし。

キャラ数

本作は仲間に出来るキャラが非常に多いです。
そのため、戦闘は楽しいのですが、1人1人のキャラがとんでもなく薄いです。
キャラを増やすなら物語も充実させる。物語を充実出来ないならキャラを減らすべきです。
話を楽しみたい人にはやや肩透かしな内容でした。

エッチシーン

陵辱オンリーで一部ヒロインにボイスあり。
短いのは今迄と同じですが、展開がワンパターンなのは頂けない。
戦争を舞台にしたから仕様がないと言えばそうなんですが、戦いに負けて陵辱されるシチュが多いです。
DANCING PHANTOM では、信じてしまったがために犯される展開が有り、そそられたのですが。

まとめ

システム面は向上しましたが、物語としてはイマイチ。
エッチシーンもおまけ程度であり、このサークルさんには力をいれてもらいたい部分です。

おすすめの記事