作品概要

タイトル:月にねがいを
サークル:長崎いろは邸
販売価格:990円
販売サイト:

ゲームシステム

え、これ普通に面白くない?なんで売れてないの?
絵柄が好みだったので購入しましたが、ゲームとしても楽しめました。良作やで。

妖刀を求めるサムライ達の旅

口元を隠した意味深なサムライのツバキ。まあ、おっぱいは隠せてないけどね。
とある館への怪異の討伐を頼まれて参上しました。

ただ、ツバキの目的は怪異そのものではなく、怪異を作り出した妖刀でした。
武蔵坊弁慶よろしく各地で妖刀を収集しているわけですな。

館を捜索し、見目麗しいメイドの協力も取り付けます。

果たして怪異を倒し、妖刀を奪取できるのか。
ここまでが物語の第1章となります。

章を進めると仲間が増え、最終的には3人PTに。
誰もが個性的でかわいらしいです。いやあ、好きな絵柄だ。

最終章ではタイトル回収がされ、ストーリーも満足の行くものでした。
やや急な部分もありますが、その辺は短編ゲームだから仕方ないね。

ボス戦のみ経験値がもらえるバトルシステム

今までにないシステムとして、ザコ戦では経験値がもらえません。
ボス戦のみ経験値がもらえ、ボス1体毎に10レベル上がる仕様となっています。

では、ザコ敵は意味ないかと言うとお金集めで必要となります。

ザコでレベル上げができないので、ボス戦は苦戦必至。
そのため、武器と防具で能力値を上げておくのです。

3人で役割が異なるので、ボス戦での立ち回りも考えなくてはなりません。
レベル上げによるゴリ押しが出来ないからこその面白さがありました。良いね。

ダンジョンは短くもギミック搭載で作りこみが伺える

敵を倒して進むだけでなく、各ダンジョンのギミックも攻略せねばなりません。
これが結構やりごたえがあります。特に下図の回避ゲーが割と鬼畜。

3人の悪魔に触れられずに30秒耐えるのですが、速度に緩急があり、油断するとすぐに捕まります。
僕は20回ぐらいトライして何とかクリアしました。この辺は救済が欲しかったとも思いますね。面白いんだけどね。

エッチシーン

敗北レイプオンリー。
気丈にふるまいながらも怯える3人がたまりません。

負けた敵によってレイプされるヒロインは決まっています。
均等にエッチシーンがあり、この価格帯では十分すぎる。

なお、やたらとパイズリが多いです。まあ、こんなに柔らかそうなおっぱいだからね。納得だね。

絵柄が好みなら後悔はまずありません。

まとめ

同人エロゲーとしてしっかり作られている良作。
タイトルやゲーム説明部分があまりにもシンプル過ぎるのが売れない原因かもしれません。

売れてるゲームはエロシチュをしっかり書いてますからね。この辺が難しい所。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ