作品概要

タイトル:紅獄の剣士ティーナ
サークル:しなちくかすてぃーら
販売価格:1430円
販売サイト:

DLsite

ゲームシステム

いやあ、このサークルはシナリオ作りが本当に上手い。
エロさはもちろんRPGとしての熱さも完璧。ラストの怒涛の勢いは圧巻でした。

最強の女戦士がザコをなぎ倒すRPG

本作はムダな戦闘がありません。
ザコ敵は触れるだけで一蹴。お金とアイテムをさっと奪います。追い剥ぎかな?

ザコの中にはレアものが存在し、そいつを倒す際はカットイン演出。ドロップも豪華になります。

ボス戦は通常の戦闘。たまにあるのが逆に良い演出になっていますね。
後、ボス戦BGMがやたら熱い。戦国ランス風、Shadeさん作曲のような熱さ。

まず負けませんので、2人の力を見物しましょう。

練られたシナリオ

冒頭で打倒されるも復活を果たした魔女。
魔女の手によってティーナ達は弱体化させられ、呪い解除のために魔女の元に向かうお話し。

起承転結がしっかりしており、クリア後の後味が本当に良い。

一見すると俺ツエーなんですが、魔女がそれ以上に強くてボスの風格があります。勝てるわけないじゃんっていう。
でも、難攻不落に見えて弱点もあり、その攻略法すげえなと感心しました。

まあ、人によってはエンディングで異議を唱えるかもしれません。
こればかりはテーマ的な問題ですね。ネタバレなので割愛。僕は感動した。

エッチシーン

エッチ!!!

本サークルはシナリオが上手いとはすでに言いましたが、それが最高級のエロスになるんですよね。
なんならエッチCGなくてもエロい。そのレベル。天才だろ。

惜しむらくは凌辱要素も寝取られ要素も薄かったことかな。

ティーナは無理矢理からの快楽堕ちなのでセーフ。
が、セシルは完全に痴女です。流石は同人エロゲーの騎士さまだぜ!

そもそも凌辱はジャンルにないから良いとして、寝取られ薄いのは気になったかな。まあ、エロいけど。

ちなみにエッチシーンの攻略情報は回想部屋で見れます。

まとめ

まじでシナリオが上手い。
エロスと熱さを両立させるって難しいんですよね。よく料理したなと。

凌辱要素増やしてほしいなー、なー。

サークル作品

凌辱作品ピックアップ