作品概要

タイトル:Atelier Tia
販売価格:2420円
販売サイト:

ゲームシステム

アクションゲームとしてのクオリティは間違いなく高い。
が、全体で見ると操作性やら日本語やらで難点も多いなと言う印象。

媚薬で欲情しきった人々を救え

ある日の昼下がり、いつものように街をでたところ

街は盛り場になっていたのだ!

そんなとんでも展開から始まる実に同人エロゲーらしい展開。嫌いじゃない。
どうにも悪党の作った媚薬が原因とのこと。

ティア自身も媚薬の影響を受けてしまったため、街と自分を救うために魔術アイテムを探すのだ!

美麗なグラフィックに圧倒

とにかく絵が美しいですよね。
ファンタジーな風景も素晴らしい。雰囲気作りに気を使ってるのが分かります。

こういう世界観を作るのはやはり海外の人がうまいですなあ。

アクションがスムーズで爽快

操作を覚えるまでが大変ですが、非常に爽快。敵をバッタバタとなぎ倒せます。

連続攻撃が楽しいんですよね。
アクションのもっさり感は全くありません。クオリティたけえわ。

必殺技もそうですが、基本的に物理で殴る魔術師です。
いちおう炎の魔法もつかうんですけどね。殴ったほうがはええわ。

ただ、最初に行ったように操作が難しいです。
2段ジャンプだけでは届かない場所もありますし、マップの行き先が分からなくなることも。

ジャンプについては2段ジャンプ直後のジャンプ攻撃で3段ジャンプができるのでそれで乗り切りましょう。
行き先については基本は右端が次のマップなので、とにかく進むことをオススメします。たまに上があるのが罠。

総じてアクションが苦手な人は挫折しやすいと感じました。

日本語がおかしく、違和感を感じる

最大の難点が日本語。どうにも気になるんですよね。

登場人物のセリフが敬語とため口でごっちゃになってますし、言葉自体がおかしい場面もあります。
読めるんですけどね。どうにもね。

幸いエロシーンはアニメーションなので、それだけで十分ではあります。
まあ、他の海外サークルさんみたいに言葉をなくしても良いのではと思いました。

コミカルで楽しいんですけどね。誤字に目をつむればオッケーかもしれません。

エッチシーン

ダウン時に犯されるエッチアニメーションが1つ。
スタンダードですね。アニメーションが上手いんだからエロも見ごたえがあります。

そして、敵の女キャラを倒した際にレイプすることも可能です。
ティア自らというより器具を使っての魔力補給ですね。この辺は魔術師っぽい。

これだけで抜けるかは難しい所ですが、見ごたえは中々です。

まとめ

システム面は一級品。ただ、文章の違和感がどうしても気になる。
また、操作性が難しいのでアクションが苦手な人は詰みます。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ