作品概要

タイトル:シノビギア_忍者りくねはとろとろ快楽堕ちなんてしない
サークル:ねるひつじ
販売価格:1100円
販売サイト:

シナリオ

まさかの泣きゲーってマジ?

抜き目的に始めたらまさか泣かされるとはね。恐れ入ったよ。
絵良し・ストーリーよし・ゲーム性よし・エロ良し。期待の新人サークル爆誕でございます!

忍者りくね、霧の村に挑む!

主人公はおっぱい豊かなくノ一りくね。
生真面目ですがユーモアもあり、困った人は見捨てて置けない。そんなこんなで初対面の人ともすぐに仲良くなれるのです。なんか忍者っぽくねえなあ?

実に良いキャラクターで購入の決め手となりました。
何気に銀髪ショートって同人エロゲーだとレアですからね。あ、同業にいたわ。

さて、任務で霧神村の悪魔退治に来るところから物語は開始します。
一見、簡単な任務ですが、とんでもない結末を迎えることになるのです。

村に隠された謎が徐々に明かされる過程が楽しい

使い捨てキャラが1人もいない。
ネームドキャラはもちろんモブにすら役割があるんだから面白い。

陽気なエロ男、意味深な双子、憂鬱なおばあさん、やる気のない住職。
それぞれが何を考え、今ここにいるのか。果たして本当に倒すべき敵とは。善悪とは。

本作には登場人物の様々なメッセージが隠されていると言えるでしょう。ストーリーが綺麗に出来上がってるんだよなぁ。

なお、村長ですが、おそらく「鋼の錬金術師のイズミ」を元にしています。
すぐに血を吐きますし、強面のパートナーもいるし、言動もそれっぽい。錬金術も使いそう。

もしかしたら隠されたパロディ要素が他にもあるかもしれませんね。

怒涛のラストにあなたは涙する

不覚にもちょっとうるっとした。

ただ倒すだけではなかった。そこまでの過程が大事なのだ。

何度も言いますが、りくねが良いキャラをしているんですよ。
ただの仕事人間ではなく、人情溢れた女の子。常に視野が広く、柔軟に対応してくれます。

忍者としては間違っているかもしれない。でも、人としては本当に尊敬したい。そんな主人公でした。

だからこそ村人の心を溶かし、ハッピーエンドで終える事ができたんでしょうね。
短編とは思えない満足感がありました。

ゲームシステム

斬新でありながら随所にプレイヤーを飽きさせず、ダレさせない工夫をしています。

準備フェイズでアイテム補充や情報収集

準備フェイズですが、実際にすることはほとんどありません。
アイテムについてはダンジョンで簡単に手に入りますし、情報も特に必要ありません。

条件で発生するエロイベントを見るぐらいかな。まあ、この辺はサクっと進めましょう。

双六ダンジョンに独自性あり

徐々に数を伸ばしている双六システム、本作にも搭載されています。
双六の数はステータスによって変化し、終盤はすごい勢いで進むことができます。

イベントマス
  1. バトル
  2. 宝箱
  3. 回復

即死トラップなどの鬼畜マスはないので、気楽に振っていきましょう。
難易度は高くないので、詰むことはまずありません。

とはいえ、ゲームとしても十分に面白い。良いシステムだなと思いますね。

レベルアップや装備の上昇は分かりづらいですが、青字ならアップなので感覚で覚えておけばオッケー。

バトルはシンプルな1ON1でサクッと

戦闘は特筆すべき点はなし。同人エロゲー特有の1ON1となっております。

アイテムはターン消費せずに使えますし、強化も簡単。
縛りプレイでもしない限りまず負けません。

敗北レイプを見るための負けコマンドもあるので、ご安心を。

装備はガチャで集めよ

謎の悪魔ベルの戯れで「石」と引き換えに「装備ガチャ」を引くことができます。こういう遊び心良いっすねえ。

レア度によって武器の能力は変わり、強い装備を手に入れれば無双できます。この辺も難易度を下げている工夫ですね。
ただ買うのではなくランダム要素を盛りこむ。作者の粋な遊び心が見え隠れしていますね。

エッチシーン

ガチでえろい。

正直、どんなにストーリーやシステムが良くてもエロくなくてはA判定になりません。
が、しっかりとエロい。完膚なきまでにエロい。

タイトルの「快楽堕ちなんてしない」に偽りなし

段階エロを搭載しており、1回のエロテキストが膨大。本気出し過ぎだろ。

基本は3段階で、

  • 初回:おっぱい弄り等のセクハラ中心
  • 2回目:挿入あり
  • 3回目:ギリギリまで耐えての完堕ち

となります。

その堕ち方も丁寧。最後の最後まで抵抗を続けます。
堕ちても「まだ負けてない」と思い込むりくねが尊い。まだまだ堕ちれそうで安心する。

どこまでも堕ち続ける系だとアナスタシアを思い出しますね。

催眠好きにオススメの逸品

催眠・洗脳が2シチュあり、それぞれが丁寧に描写されています。
催眠好きはかなりオカズとして使えるでしょうね。

なお、羞恥シチュはないので、そういうのが好きな人はやめておきましょう。

まとめ

満足感の高い傑作。シナリオが良いのは完全に想定外でした。
流石に大長編ほどの熱さはありませんが、誤読感が良いのでエロシチュが好みならプレイをオススメします。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ