Saint Foire Festival 6

作品概要

タイトル:Saint Foire Festival 6
サークル:床子屋
販売価格:945円
販売サイト:

ストーリー

同人誌とは思えない圧倒的なボリュームと練りに練られたストーリーに感動しました。
物語は預言者ハリィが片思いの少女メイベルと出会う所から始まります。
預言者といっても、ハリィはずっと預言者としての能力を失っていました。
メイベルに会った日に久しぶりに見れたようです。数年ぶりでしょうか。
相棒のトリスタン曰く、それは女(メイベル)とキスをしたせいだとのこと。
トリスタンの思惑は不明ですが、少なくともメイベルに良い感情を抱いていないようです。
さて、そんなメイベルですが、とある事情で町医者の実験に付き合っていました。

その実験とは媚薬の効果確認。メイベルはずっと町医者と淫行をしていたのです。

本番行為には至っていないようですが。メイベルの考えと今後の展開はどうなる!?
72Pの中で描かれたハリィ・メイベル・トリスタンの三者三様の思惑。
18禁で無ければ、どこぞの月刊誌に掲載されてもおかしくない程の出来です。
シリーズとしては6作品目ですが、物語としては前編のようで、中編後編と続いていきます。
預言の仕組み・ハリィとメイベルの結末等、多くの魅力が詰まった作品と言えるでしょう。

エッチシーン

エッチシーンもかなり濃密です。前半はメイベルと町医者の前戯をねっとりとかいています。
嫌らしい汁を垂らしながらおじさんのペニスを舐める少女の姿が素晴らしい。
後半からは媚薬を塗りに塗られたメイベルがレ〇プされます。3Pでバックから激しく犯されます。
媚薬で感じまくりながらも弱々しく抵抗するメイベルがエロイですねえ。

まとめ

エロとストーリーを兼ね備えた傑作。オススメです。

おすすめの記事