作品概要

タイトル:樹海に咲くレウィシア
サークル:P缶
販売価格:2530円
販売サイト:

ゲームシステム

エロくて面白い。価格相応のボリュームを僕が保証します。

魔素に侵される世界を救え

何者かに呪いを植え付けられたレウィシア。
時を同じくして、各地で魔物を召喚するゲートが現れました。

ゲートから出現する魔物は淫欲にまみれており、女性たちを無差別に凌辱する危険性があります。
更に溢れる魔素で人間の男たちも次第に暴徒化し、余談の許さない状況となっていました。

なんとかしなくてはならない。こうしてレウィシアの乱れた冒険が幕を開けるのです…。

という夢のようなストーリー。エッチでたまらんですなあ!

仲間と一緒に拠点を防衛するタワーディフェンスゲー

ゲームが良くできてる。このシステムで続編を作ってほしい。

プレイヤーはレウィシアを操作して、ゲートから出現する魔物を撃退していかなくてはいけません。
拠点にまで到達するとペナルティ。一定数の突破でゲームオーバーとなります。

ただ、レウィシアの弓を撃ち続けるだけでは捌ききれません。

  • 仲間を召喚
  • 回復や障害物を設置

など、敵の進路を予測して盤面を作り上げなくてはならないのです。この辺、実にタワーディフェンスしてる。

スキルの種類が多く、戦力が広がる

スキルの種類も豊富。
レウィシアの弓術や魔法、パッシブを育てると1人でも無双できます。

特に弓術やザコ敵を一瞬で屠れるレベルになるので、拠点防衛になくてはらない存在となるでしょう。

そんなこんなでクオリティの高い本作ですが、物足りない点として難易度はかなり低いです。
ゲート前でリスキルすれば、撃ち漏らすことはないですからね。

もちろん縛りプレイで難易度は底上げできます。まあ、エロ重視の人には丁度良いかもしれない。

エッチシーン

納得のボリュームであり、全てが淫靡でエロい。

メインは戦闘中の異種姦レイプ

戦闘中に裸に剥かれるとレイプイベントが発生。
モンスター毎に複数存在しており、かなり力を入れていることが分かります。

敵に囲まれると戦闘どころではなく、レウィシアは白濁液まみれとなるのです…。

戦闘のテンポが悪くなるのはご愛敬。スキップでさっと流すせばストレスにはなりません。

エロステータス画面がエッチ

エロステータス画面を見てるだけで抜ける。

侵食度に応じて、エロステータス画面内のエッチシーンが変わっていきます。
しかもアニメーションあり。艶めかしいレウィシアの姿が本当にエッチ。

性奴隷編も完備

確定で性奴隷になります。やっぱ同人エロゲーには必須だよな!

長い間の調教で身も心も奴隷に堕ち果てるレウィシア。
しかし、なんやかんやで最後は脱出に成功します。まあ、調教の記憶は消えないけどね。

こういう王道エロイベを完備してるのは嬉しいですね。

和姦や逆レイプの多さはやはり気になるか

レウィシアの純愛物語でもある本作。和姦イベントもそこそこあります。ちな寝取られはありません。
また、暴走した女性の逆レイプもありと凌辱スキーはやや不満か。

まあ、ストーリー的に避けようがありませんからね。これがないとレウィシアの成長に繋がりませんし。
甘んじて受け入れましょう。僕はスキップしたけど。

まとめ

システムが新しく面白い。
シナリオもエロく、アニメーションが興奮を更に高めます。

総じて完成度の高い作品でした。絵が合うならアリだね。
まあ、手を出すには少しお高いのはある。でも、それぐらい力を入れてるからね。

至高の凌辱寝取られエロゲーはこれだ!

凌辱寝取られ廃エロゲーマーの僕がオススメする傑作をテーマ別にご紹介!
・面白さを重視したい
・エロトラップを堪能したい
・魔法少女の作品を遊びたいetc