ごっこ遊び「ほのぼのレイプ」が蔓延している昨今。

嫌がっているのか望んでいるのか分からない少女達に小首を傾げてしまいます。
そうじゃないだろうと。俺達の求める凌辱はそんなものではないだろうと。

ちなみに私は流血やスカトロなど、見た目がよろしくないシーンは苦手です。
一方で寝取られや嫌々ながら従う背徳感たっぷりのシーンは大好きです。

そして、その背徳感を引き上げるのがダークなストーリーだと思うわけです。

ダークストーリーの淫靡な世界観

ダークなストーリーとは、閉鎖的な空間、そして、不条理な世界観を指します。
そして、それを最大限に引き出したのが傑作「ナナハよ」でしょう。


本作では過去の事件を理由に男女が分けられて生活を余儀なくされます。
そして、それに巻き込まれた主人公達。自由になりたければダンジョンに潜っていけと。

しかし、妻と娘は暴漢達に常に狙われています。そして、主人公はそれを知らされぬまま
最後の最後まで妻達はダンジョンの内外に問わず男達に汚されていくわけです。

その不条理さはもう圧巻。そして、それがエロスをどこまでも高めてくれるわけです。

骨太なストーリーも醍醐味

同人ゲームのダークファンタジーといえば、BLOODY VIRGINも外せません。

ストーリーを非常に作りこんでおり、やや難解ながらも小説を一気読みしたような達成感を感じられます。
エロ目的で買ったのに、いつの間にか色々と考えさせられてしまう、そんな作品でした。

エロに重きを置いていないので、ナナハ程のエロさはありませんでしたが、それでも十分なエロさがありました。

最後に

ダークなストーリーの同人ゲームは思ったより少ないです。
そもそも男が主人公でないとイマイチそういったストーリーになりにくい気がします。

ダークストーリーよもっと増えろ。そんな想いを抱きつつ今日も良作の同人エロゲーを探します。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ