作品概要

タイトル:Orika
サークル:レイジングテール
販売価格:1980円
販売サイト:

ゲームシステム

あれ・・・これ面白いぞ?
エロ目的に勝ったのに思いのほかゲームシステムが良くできていた。そんな作品。

世界を救うJKの物語

魔物が現れたのでそいつらを倒しましょうという物語。
痴女の先輩たちと協力して世界を救いましょう!

まあ、いちおう服装への言及もあるにはあります。
負ければ慰み者となる厳しい世界で、時には女体も武器にせよと。

あえて扇情的な格好をすることで敵を篭絡するわけですな。くノ一みたい。

盗賊、ゴブリン、オークと性欲の権化たちとの死闘の果ては如何に!?

クラスは装備を自由にカスタマイズ

面白いなと思ったのがクラスの概念。
防具によって騎士・聖職者・隠密とクラスを変更できます。

それぞれに特徴があり、これらを使いこなすことで戦闘が容易になるわけ。
また、装備によってスキルも身に着けられます。単純に攻撃力の高い装備を選ぶだけではないのが面白い。


装備の種類が多いので、コレクター気質の方ははまります。集めるのがめっちゃ楽しかった。

ザコ戦が最大の障壁。全裸捕縛で強制敗北

本作最強はザコ。
ボスは時間さえかければ倒せますが、ザコは悠長なことをしていると服をひん剥かれます。

捕縛までされるとスキルが使えず、なすすべもなくやられます。そうなる前に倒すしかありません。
なので、隠密クラスでの速攻が基本戦法となりますね。騎士は間に合わない。

もっともザコ敵と無理に戦う必要もありません。
やたらとタフで経験値もしょっぱいのでスルーしましょう。

バトルゲーかと思いきやの回避ゲー。ステルスゲー好きには良い感じですな。

ただ、ダンジョンがやたらと広いのがデメリット。
途中で迷ったりすると地獄です。ギミックも点在しているので根気のいるゲームとも言えます。

捕縛されたら脱出か陥落か

敗北したら牢獄に囚われ調教が始まります。
いちおうすぐに逃げられますが、調教が完了すれば自由に歩き回れます。なんで?

牢獄からのみ行けるルートもあるので、1回は捕まっておきましょう。ていうか、捕まるのが本ゲームの肝だからね。積極的に捕まろうね。

エッチシーン

監禁調教がメイン。
1回で終わらずにどんどん調教レベルがあがっていきます。

でまあ、凌辱と銘打ってはいますが、言うほど凌辱っぽさはありません。
なんというか悲壮感が無いんですよね。ヒロインが良い感じにオツムの弱い善人なためかもしれません。

上司の指導もあってか性に期待する描写が多く、嫌がってるのもプレイの一環にしか見えない不具合があります。
なんだったら人を襲わない代わりに母体を買って出ますからね。聖人かよ。

味方も捕まって犯されて喜んでいる奴らばかりですし、もうそういう世界観と割り切りましょう。

なので、凌辱スキーはちょっと不満を持つかなあ。
ほのぼのレイプ好きは良い感じな気はする。

まとめ

ゲームは期待以上の面白さで嬉しい誤算でした。
一方でエッチシーンは凌辱特有の淫靡さはありません。

可哀そうなヒロインほど抜ける人は無理かなあ。
レイプも楽しむ隠れ痴女好きなら興奮必至です。オススメ。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ