作品概要

タイトル:女体汚辱 ~穢された女の告白~
サークル:マッドレイド
販売価格:7480円
販売サイト:

ゲームシステム

レイプされた過去を持つ3人の女性のセカンドレイプを描く作品。
題材からして分かる通り後味は良くありません。

エンドはヒロインそれぞれに2つ。ノーマルエンドとバッドエンドでしょうか。
比較的ノーマルの方が救いがあるように見えますが、後味はバッドの方が良い事もある。なんとも言えない。

とはいえ、エロ目的の人が挫折するレベルではないと思います。
ガチで後味の悪い作品が希望の方は奈落の底がオススメ。あまりにも悲惨。

変わってしまった今を生きる少女はレイプの過去を回想する

過去のレイプを夢や事情聴取、カウンセリングの中で回想していきます。

動画で脅され、逆らえないあの時。執拗に犯される少女。
なぜ私がこんな目に。レイプ魔に尋ねても望んだ答えは返ってこない。容姿が良かったから。

どうにもならなくなった彼女たちは動画がネットにばらまかれる覚悟で通報します。
そして、実際にぱらまかれたパターンもあるのです。

だいたいはここで物語が終わります。ここからの未来は読者の想像次第。
代表的なのはGuilty作品。あちらはメンタルが強靭過ぎて本作とは方向性が全く違いますが。

セカンドレイプに苦しむ人たち

レイプ魔がゴミなのは自明の理。
であるに関わらず、苦しんでいるのは少女達でした。

学校や職場では噂がされ、もういられない。
街を歩く男性全てが恐怖の象徴。今までの友人関係も崩壊してしまいます。

第三者の誹謗中傷はえぐいですね。特にモブ女性の言動が一番怖い。よくもまあエグイことを言えるなと。

匿名掲示板で出会うレイプ被害者たち

3人の女性はそれぞれが精神科を受診し、ひょんなことから匿名掲示板の存在を知ります。
そこはパスワード制であり、レイプ被害を受けた女性のみが参加できる模様。

そこで彼女たちは交流し、場合によってはオフ会を行い傷をいやしていくのです。

序盤のセカンドレイプが落ち着いた中盤は穏やかに読み進められました。安心だね!

ヒロインの紹介

如月典子

サークルで言い寄ってきた男を振った典子は逆恨みでレイプされます。

動画も撮られ、穴という穴を犯される日々。
途中まで従っていた彼女ですが、3Pを強要されて吹っ切れます。その日のうちに警察に通報しました。

しかし、動画は拡散され、今もどこかで彼女のレイプ動画が見られているのです。

その後、大学を変えて前へ進もうとする典子。
常に怯えていますが、表ではそれを出さず会話もなんとか行えます。

他2人に比べると安心できる強さがありますね。1人暮らしをしているのもすごい。

エンディングでは「更にレイプされるトゥルーエンド」と「彼氏ができるも・・・というノーマルエンド」が用意されています。

更にレイプされるのはどう考えてもバッドなのですが、そこで製作者が最も伝えたいであろう展開になるんですよね。
他ルートを終えないと進めないので、トゥルーなのでしょう。

全体を通して後味はそこまで悪くありません。読んでて安心します。

南戸小百合

変態に監禁された小百合。
警察が助けに来るまで昼夜を問わずにレイプされ続けました。

彼女のルートは人間関係が特にえぐい。

もちろん全員ではありませんが、警察や女友達が無自覚な悪意をぶつけます。
それに謝り続ける小百合が不憫で仕方ない。

裁判で証言台に立ち、監禁した男に再び心を犯される展開も辛い。

おどおどした性格の彼女ですが、前を向かなければという決意もあります。
母親や典子の助けもあって中盤はそれなりに頑張れているんですよね。

そんな小百合のエンディングは「更にレイプされるバッドエンド」と「彼氏ができるも・・・というノーマルエンド」の2つ。

一見すると典子と同じですが、どっちを選んでも後味が悪いです。頑張って。

まあ、ノーマルでは歪と理解しつつも前に進めていますし良いのかな?分かりません。

春川美香

ダントツでメンタルがやられている美香。

終盤までまともに会話すらできません。同じ男ということで父親に会うと過呼吸になるレベルです。

職場の帰り道でストーカーにレイプされ、動画で脅される日々。
我慢の限界で必死に助けを求めたのが最後の勇気でした。

動画はネットに流されず、ストーカーも逮捕されましたが、引きこもりとなってしまいます。
なので、他2人のようなセカンドレイプはそこまでありません。まず人と会わないので。

引きこもっているせいか元来の性格なのか過激な思想を持っており、それがエンディングに影響します。

エンディングでは「更にレイプされるバッドエンド」と「痴漢されるバッドエンド」が用意されています。

どっちもバッドエンドです。本当にありがとうございました。

ただ、彼女のバッドエンドは他2人と一線を画しています。
実際はやってみてのお楽しみですが、平和な日常にはもう戻れないでしょう。

エッチシーン

エロいよ。エロい。

序盤のセカンドレイプ、終盤のバッドエンドルートで快感堕ちはありません。
なので、快楽堕ちが食傷気味な人にはぴったし。

回想を挟みつつ物語が進むので、エロが安定供給されるのもグッド。
レイプが彼女達を蝕み、更なる悲劇を生む展開は中々の興奮です。あっけらかんとするヒロインとは一味違う。

なお、巨乳しかいません。貧乳好きはお断りです。

エロシーンはそれぞれが均等に16シーンほど用意されています。
ヒロインが3人と少なく、個別ルートもそんなに長くないので物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、セカンドレイプ題材の作品が少ない中、オンリーワンの本作はやはり素晴らしい。

絵が好きならあたりだと思います。

まとめ

隠れた良作。
テーマが一貫しているというのもあるのでしょうが文章がスルスルと入っていきます。
こういう題材の小説を読んでるよう。

考えさせられる物語だなというのが率直な感想です。興味深い。

なのでエロ目的でもシナリオ目的でも購入の価値はありです。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ