作品概要

タイトル:神楽黎明記 ~紅葉の章~
サークル:でぼの巣製作所
販売価格:3300円
販売サイト:

ゲームシステム

ごく普通のローグライク型RPG。楽しめるのは間違いない。

短編ローグライクとして完成度は高し

今回のミッションは雪女の討伐ですが、そこまでに2体の中ボスを撃破しなくてはいけません。
エリアは3つ。

  • 歪んだ校舎
  • 血塗られた湖
  • 最果ての地

エリア毎にザコ敵の強さも跳ね上がりますが、強い装備があれば突破可能。
癖のない作りで初心者もとっつきやすい作品。これ単体で観ればかなりの良ゲーです。

ただ、楽黎明記シリーズは本システムで一貫しており、特に変わり映えしないので段々と飽きます。

装備以外は敗北でロスト。強力な装備を手放すな

一般的なローグライク系ということで、敗北でアイテムは全ロストです。
チェックポイントに到達すればアイテムを持ち帰ることが可能。

ただ、その直前がボス戦なので、そこを突破するのは割と難しい。
装備品だけはロストしないので、強い武具を忘れずに装備してロストに備えましょう。

ただし、呪われた防具を装備すると外せなくなるので、手当たり次第に装備するのは禁物。
ボス部屋直前でセーブ&ロードができるので、そこで装備していきましょう。

妖怪をお供にしてダンジョンを楽々攻略

本作の肝となるシステム。
ヒロイン程の能力はないのですが、撃ち漏らしたザコ敵のとどめや状態異常付与など痒いところに手が届きます。

本ゲームでは通常1体まで使役可能で、妖力を使えば数ターンのみ大量展開が可能となっています。
ラスボスではこの大量展開の使うタイミングがキーとなっており、戦略的要となっているのは間違いないでしょう。

妖怪使役要素を存分に楽しむボリュームはない

そんなこんなで本シリーズの目玉である妖怪使役…なのですが、最大限の恩恵を得ることはありません。
理由として作品自体の短さがあります。

やたらと妖怪の育成要素はありますが、育つ前にラスボスまで到達するんですよね。

それなら初期ステや能力の強い妖怪を使った方が良いわけで。
それでも1体だけでは、ボス戦で役に立たないのが現実です。

まあ、壁として使うのがもっとも無難は気はする。せめてワザの使用を命令できればな。

ある程度楽しんだらエロイベントを観ることを推奨。

シリーズを追うごとに飽きが早くなるので、いっそADVとして楽しんだ方が良い。

出来は良いから初見の人はガッツリやれば良いんじゃねえかな。
難易度変更やシーン開放があるので、適当に楽しんでからエロを見るのを推奨。

まあ、下手に作りこんで予算オーバーするぐらいならこの路線を続けて欲しいとは思う。

エッチシーン

流石にエロい。巫女×妖怪のエロイベで一貫しており、ハズレが一切ありません。
妖怪毎に2つのエッチシーン、ラスボスのみ3つ。全部で19のエロシチュを堪能できます。

この価格ならヌキゲーとして十分以上。えっろいぞー。

異種姦は3体と少な目

対象妖怪

大蜘蛛・ぬらりひょん(触手)・鵺

完全な異形は3体と少な目。
また、鵺は体位の関係で紅葉しか映らないので、異種姦っぽさは薄い。

異種姦メインで買うと少しガッカリするかもしれません。

人型妖怪が多めで対人レイプスキーにベスト

対象妖怪

油すまし・河童・天狗・ヒダル神・雪女

一方で対人レイプ好きに本作は傑作。とにかく多い。
妖怪なので会話での辱めはほぼありませんが、言葉自体は分かっているようで焦らしプレイを多用します。

ヒダル神では、正気を失っておねだりする紅葉が最高にエロイです。良いぞー。

学園の水泳部所属と言う設定の凌辱あり

対象妖怪

枕返し

巫女巫女も悪くないけど、変化も欲しい。
そんな方には妖怪「枕返し」。シチュエーションエッチを堪能できます。

今回は水泳部員になり、生徒や教師にレイプされます。
ごく普通のエロシチュですが、でぼの巣製作所の中では異端。新鮮なエロスとなってプレイヤーを魅了してくれます。

他の妖怪と違って毎回シチュが予想できないので、個人的に最も大好きな妖怪です。

live2D搭載エロは河童と枕返しから各1シチュ

エロアニメーションがあると興奮増すよなぁ。
流石に全部は無理ですが、本作も2つ搭載されてます。

どちらも対人レイプで、異種姦のエロアニメーションはありません。そこはご注意。

まとめ

安定してエロイ。Guilty並みに思考停止で買っても後悔しない。そんな作品。
ゲームシステムは飽きる定めだ。

至高の凌辱寝取られエロゲーはこれだ!

凌辱寝取られ廃エロゲーマーの僕がオススメする傑作をテーマ別にご紹介!
・面白さを重視したい
・エロトラップを堪能したい
・魔法少女の作品を遊びたいetc…