Magica

作品概要

タイトル:Magica
サークル: Eclipse works
販売価格:1575円

あらすじ

「この戦い・・・!負けてしまったら大変な目に合うかも・・・!」
身の危険を感じた戦いに負け、陵辱されるレナ。
闘技場の観客の前で陵辱され、特売会場でセクハラされ、モンスターに陵辱され・・・
やがて正気を失ったレナは男を求めて男風呂巡りや売春に手を染める。
淫らな世界に堕ちた彼女がとった行動とは。
「い、嫌がったのに・・・。 な・・・中で・・・いっぱい・・・射精されたの・・・。」

ゲームシステム

戦闘

マナを消費する事で魔法を取得していくシステムが面白い。
全体攻撃(炎)・単体攻撃(氷)・ランダム攻撃(雷)が基本魔法となります。
ボス戦は闇雲に攻撃魔法をぶつけるだけでは負けてしまいます。
物理攻撃が半減するシールドや魔法ダメージを倍増させる魔法を駆使して戦いましょう。
ヒロイン1人が戦うゲームでは珍しく、非常にやりごたえのある戦闘でした。

シナリオ

エンドはトゥルー・バッド・ノーマルの3つ。約7時間で全てのエンドに到達しました。
トゥルーはラスボスが強いので、ノーマルをクリアして周回プレイするのが無難です。
あらすじに書いているのはバッドのストーリーです。
ラストが壮絶ですので、見ていただきたいところ。

エッチシーン

シナリオは一本道ですが、エロのサブイベントが非常に豊富。
ステータスの1つである正気度が低いと発生するイベントがあります。
正気度=淫乱度と考えて問題ありません。
戦闘中のレ〇プや誘惑イベントがあり、乙女神物語を思い出します。
乙女神物語~リフィのカラッパ島奮闘記~
乙女神物語に匹敵するほど、豊富なエッチイベントがあり、非常に楽しめました。

まとめ

シナリオ・ゲームシステム・エッチと全てが素晴らしい作品。
乙女神物語が好きな人ならば、絶対にはまります。

おすすめの記事