作品概要

シリーズ:魔法少女ブラックキティ
サークル:FANTASY・FACTORY
販売価格:1870円
販売サイト:

ゲームシステム(良い点)

作りこまれたグラフィックの壮大な世界観。
そんな感じで紛れもなく良作なのですが、広げた設定そのままでゲームが終わるんですよね。完結しないんですよ。

その他も全体的に消化不良感があったかなあ。それが率直な感想。

正義の魔法少女ブラックキティが悪の組織サーカスと戦う

夜にのみ力を発揮できる異色の魔法少女ブラックキティ。
可愛らしさと格好良さが同居した素晴らしいキャラでした。

マスコットキャラのコクが最後まで不気味に存在しており、まどかマギカを意識しているのかなと。まあ、マミらないけど。

シリアスとまでは言いませんが、明るさは一切なくダークファンタジー通りの作品となっていますね。

なお、ブラックキティは沸点が低いのでM野郎は歓喜。すーぐ瞳のハイライトが消えるんだわ、この娘。

アメコミ風のデザインで興奮が高まる

画力の暴力。ボス戦のアイキャッチは鳥肌。
ここまでくると魔法少女というよりバットウーマンですわ。惚れそう。犯したい

ボス戦のワクワク感はRPGの肝。いかに魅力的な演出を作るか個性的なキャラを作るか。作者の腕の見せ所なんですよね。いやあ、見事だなあ。

個性的なキャラという点ではセーラースプレンダーが素晴らしかったですね。

肉弾戦のガチンコ魔法(物理)バトル

これが魔法少女の戦う姿か・・・?

敵がガチで殺しに来ますもん。首絞めや腹パン、ビンタなど普通に痛い攻撃をしてきますもん。怖いよ。
もちろんブラックキティも容赦はなくリビドールを完全消滅させます。世紀末です。

必殺技も1つ1つが凄まじく、成長するにつれて物理を極めています。
なお、魔法(物理)なので、従来の魔法少女が見たい人はお帰り下さい。

純魔法を扱う後衛タイプは女1人旅がきついから減ってるんでしょうかね。クリスティアは良い感じだったかな。

スタイリッシュなデザインに感動

デザイン周りが本当にプロ。どこを切り取っても綺麗。

街並みも一般的なRPGツクールのはずなのにスタイリッシュ。かっこいい。
どうしたらプレイヤーにインパクトを与えられるか。興味を惹きつけられるか。計算されつくした構図なんですよねえ。

ゲームシステム(悪い点)

そんな感じでデザイン面は文句の付け所がありませんが、肝心のストーリーが物足りない。

謎が何1つ解明されない結末

何も進展せずに物語は終わります。プロローグだけで終わってしまったと言うか。

未解決の謎
  1. 悪の秘密結社サーカスの目的は?
  2. 猫を模したコクの正体は?
  3. ブラックキティの願いは叶うのか?
  4. そもそも倒すべき黒幕は誰なの?
  5. 給精手はなに?なぜ存在する?

上記の謎は最後まで1つも判明しません。
そもそもラスボスはアレで良かったのか。ヒロアカで言うと脳無と戦って終わりなんですよね。

言ってしまえば行き当たりばったりな展開が続くんです。
まあ、その辺は魔法少女作品ではよくあるんですが、本筋が分からないまま終わってしまった感はぬぐえません。

恐らく続編で色々と判明するんでしょうが、だったら今回は何だったのかと思わないでもない。

1本道でカスタマイズなどの自由度が無い

家と職場の往復で終わります。現代社会の縮図かな?

今はネット社会だからね。戦の準備は家で終わるよね。でも、もうちょっと色々なエリアを周りたかったよね。

学校で日常の描写はありますが、プレイヤーが操作してどうこうはありません。

こうするならいっそダンジョンだけで良かったとも。往復するだけ面倒ですし。
育成要素があれば話は違ったのでしょうが、能力を底上げする「概念」だけだからそれも難しい。

逆に言うと余計な思考を挟まずにスタイリッシュな戦闘だけを堪能できるとも言えます。この辺は好みが大きいかもしれません。

個人的にはもう少し遊びが欲しいんですよね。やりこみ要素的な。

エッチシーン

凌辱寄りではありますが、あまりにもブラックキティが性に大らかすぎると言うか。

いくらなんでも感度が良すぎる件

処女なのに胸を揉まれただけでイきます。なんだなんだ魔法少女の特性か?

一応は嫌がってるんですけど、もうそういうプレイにしか見えない。
感度も良く割と簡単に身体を許すので、堕ちるのもそれなりに早い。

ギリギリまで堕ちずに抗うヒロインを望む人には不向きですね。

敗北レイプは中々にそそる

昨今では珍しい敗北レイプメインの作品。
全てのザコ敵に敗北レイプがあるのはグッドポイントですな。

段階エロも搭載しており、過去のレイプが無かったことにもなりません。
昔ながらの敗北レイプが好きな人は大満足できる構成ではないかなと。

羞恥や悲壮感は期待できない

先ほども言ったように感じやすい体質で、早い段階で快楽堕ちします。
一方でメンタルは強いので、義兄関連以外で絶望を感じる事もありません。すぐに立ち直るしね。

そのデメリットとしてレイプに悲壮感が無い。強すぎるが故の悩みか。

ヘラヘラしているわけではないんですよ。所謂ほのぼのレイプではありません。
でも、前を向いている。諦めない。強い。かっこいい。そんなヒロイン。

この辺はシャルロットが適度に常人メンタルだったのが良かったかなと。
同級生にレイプされて泣くシチュは年相応の女の子らしく可愛かったです。

羞恥プレイも物足りないか。そもそも戦闘での脱衣がありませんからね。
良くも悪くも昔ながらの同人エロゲーという印象はあります。スタンダート過ぎるかなあと。

まとめ

非常にスタイリッシュで見ていて楽しい。が、シナリオは本作だけでは消化不良。謎が残り過ぎている。
エッチシーンは昔ながらの敗北レイプなのは評価点ですが、ヒロインの心を汚すシチュが好きな人には物足りないか。

入門編としてはこれほどの傑作もないでしょう。一方で多くの作品をプレイした人にはあと一押しが足りない。そんな感想です。

まあ、グラフィックだけならアリスソフトとすら戦えるレベルだとは思うよ。それぐらいすごいんだ。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ