作品概要

タイトル:少年勇者ケン ~幽霊屋敷を調査せよ!の巻き~
サークル: 第六花壇
販売価格:1540円
販売サイト:

ゲームシステム

エロいだけの理由がある。
エロ特化の最強エロゲーぼ爆誕でございます。

RPG要素は特にない勇者物語

幽霊屋敷の調査に訪れた勇者一行。
そこで熾烈なバトルが巻き起こるのだ!

なんてことはなく、ゆるい日常が過ぎ去るだけです。
いちおう幽霊屋敷に割ととんでもない奴が潜んでいますが、おまけでしかありません。かわいそう。

戦闘もありますが、瞬殺なのでゲームとして楽しむのはやめましょう。

あ、ちなみに農作のミニゲームもあります。勇者とはいったい。

勇者の知らない間に仲間が堕ちていく

本題はこちら。勇者のいない間にヒロイン達が淫らに堕ちていきます。
怪しい描写が何度も差し込まれ、そのたびに勇者は怪訝な顔をしていくのです。

ちなみに間男は勇者の祖父です。勇者は身内に大切な幼馴染を寝取られるのです。救いはない。

村パートと幽霊屋敷パート

物語は村と幽霊屋敷それぞれで動きます。
まずは幽霊屋敷への出立前の村パート。この段階で村長の暗躍が始まります。

幽霊屋敷には村長の協力が必要となり、その条件としてミリーがセクハラを受け入れるのです。もちろん勇者はそれを知りません。

これを回避する術はありません。全ての展開でヒロインは村長の手に堕ちます。

そして、いよいよ幽霊屋敷へと出立。

ここで村長の性欲は爆発します。もう止まりません。
幽霊に乗り移られたのもありますが、ここまでタガが外れるとは恐れ入った。

お風呂場、寝室、暗い部屋。あらゆる場所でヒロインは犯されます。

寝取られの現場を追体験せよ

本作のギミックとして、勇者が寝取られシーンを追体験することができます。

作中では寝取られの現場を押さえる事は叶いません。
しかし、事後に部屋に訪れるとエッチシーンがリアルによみがえります。

勇者はその時になって事実に気づく・・・とはなりません。

実はもう1つ本作を名作たらしめるカラクリがあるのです。

ファントムが作り出す幻影かも

勇者が寝取られに気づけないのは鈍感だから・・・というだけではありません。

ファントムが見せている淫靡な幻影である可能性もあるのです。
実際、寝取られの現場を見て勇者は壊れかけますが、それがファントムの幻想だったこともあります。

目の前の情事は真実なのか。それはプレイヤー自身すら分かりません。

まさに寝取られの新境地と言えるでしょう。

寝取られゲーは何よりもインパクトが重要。
寝取られたかどうかのドキドキを我々は求めているのです。

「彼女達の誰かが寝取られた」は誰が寝取られたかをぼかしています。

一方で本作はいつ寝取られたかをボカシています。感動しました。

新たな切り口の寝取らゲーでとしてたまりません。

エッチシーン

えろい。

勇者に隠れて犯されるってシチュは良いですね。声を押し殺してる感じがたまりません。
喘ぎ声もあるので興奮がとまらない。

まあ、割と早い段階で村長のテクに堕ちているので、ムリヤリ感はありません。
弱弱しく否定するも最後はイキ狂います。

シルエットと扱い方もうまく、今どうなっているのか妄想を掻き立てられますな!

まとめ

寝取られの新境地を切り開いた傑作。
ゲーム要素こそありませんが、エロに対するギミックに拘りを感じます。

レイプまがいのセックスはありませんので、そこだけ注意。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ