作品概要

タイトル:ぐるぐる痴漢電車
サークル:でぃすぺあ
販売価格:1760円
販売サイト:

ゲームシステム

痴漢ゲーの歴史にまた1ページ。
枯れ果てる程エロい傑作に出会えました。もうやっばいよ。

ストレスをためる男とはけ口にされる少女

男に名前はなく、少女に名前はない。
ただ痴漢し、痴漢されるだけの関係の2人。

電車内の描写はされますが、2人の日常は一切明かされません。
オープニングも一瞬ですぐに痴漢に入るので、とっとと抜きたい人には良い展開と言えますね。

ループする5日間。この世界の秘密とは?

じゃあ、ストーリーは無いのかとそんなことはありません。どこかミステリーチックなんですよね。

世界の秘密
  1. 繰り返される5日間
  2. 主人公は最終日に殺され、1日目に戻る
  3. 少女の性感帯の開発状況はループしても引き継がれる

あまりにも不気味な状況ですが、ストレスと性欲に支配された主人公は受け入れます。
それどころか少女の開発が進むにつれて気分が良くなっていくんですよね。怖い。

このループはいったい何なのか。男と少女の正体とは。

ただのヌキゲーでは終わらない深い構成にしびれる。最高の雰囲気ゲーだよ、これは。

ちなみにループしても開発状況は引き継がれる同人エロゲーは他にもあります。それがリンネの花時計。
同様に5日間のループでフラグを回収しつつエンディングに向かいます。こちらも面白いので是非。

コマンド形式の痴漢。乗客にバレずに少女を絶頂に導け

痴漢はコマンド選択式で、好きな部位を自由に触れます。
と言っても最初のうちは少女は全く動じません。

胸を触ろうがお尻を触ろうが無視を決め込みます。

だからと言って焦って痴漢をエスカレートさせると乗客に見つかってバッドエンド。プロの痴漢師のワザを試されています。

Jam packed line taleに匹敵する臨場感。痴漢エロゲーにふさわしい傑作はどんどん産まれていますなぁ。

さて、乗客に見つかってと話しましたが、日によって乗客は変化します。

  • 一般乗客
  • 幼女
  • 少女の友人

状況次第で可能な痴漢に変化が生じます。
コイツなら服を脱がせても問題ない。逆に絶頂させるのは危険かもしれない。

状況を正確に分析し、完ぺきな痴漢を成功させましょう!

ここは今までにない設定で非常に楽しかったですね。痴漢の造詣が深いサークルさんだぁ。

開発される少女の身体をリザルトでチェック!

1日の痴漢が終わるとリザルト画面が表示されます。

どの部位で何回絶頂させたか。本番や奉仕の回数は。
などなど少女の経験を完璧に表示してくれます。

1日の連続絶頂回数もあるので、ぜひハイスコアを目指してください。

エッチシーン

痴漢好きの人は枯れ果てる。そうじゃない人も枯れ果てる

痴漢エロゲーの本気を見たね。おっぱいサイズ的にも大ヒットでした。

ラストまで快楽を否定する少女に嗜虐心は天元突破

とにかく少女が堕ちない。
身体は完全に堕ち切っても心は絶対に認めない。

『簡単に屈するヒロインなんて面白くない』

作品紹介文より抜粋

この言葉に嘘はない。

マジで堕ちないから無限に虐めたくなる。辱めたくなる。そんな危険な領域に思考が染まっていく。

泣いた顔でイかされて、フェラチオを強制されて、最後は中出しフィニッシュ。
どこまでも少女の尊厳を傷つける。もう辛抱たまりません。

脱衣パターンが自由で好きな状態で犯せる

服の脱がせパターンも自由自在。
日によって下着の色も違うので、どこまで剥くかを気分で気まましょう。

全裸スキーの僕みたいに常に全裸プレイももちろんオッケー。あなたの性癖で少女の痴態を描けるのです。たまんねえぜ。

アニメーションとフルボイスで最高のオカズに

そんな最高のシチュをアニメーションとボイスが彩ります。
声優さんの怯えた声と快感を押し殺す演技が最高にうまい。

おっぱいを揉みしだくアニメーションも興奮必至で、オカズとして末永く活用できます。良いよ、良いよ。

本当に隙のないエロスなんだよなあ。
まあ、欲を言えば体位が正常位以外にもう1つあればと思わないでもない。次回作に期待大ですな!

まとめ

間違いなく最高の痴漢エロゲー。
設定も面白く、ただのヌキゲーで終わらない所も評価点。

痴漢ゲーが好き、堕ちないヒロインが好き。そんな方は100%満足できます。マジでオススメ。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ