作品概要

タイトル:GranEndeIII
サークル:樋渡本舗
販売価格:1540円
販売サイト:

ゲームシステム

骨太な王道RPG。プレイ時間は9時間程度。
適度に熱く、とんでもなくエロいのでぶっ続けでプレイしました。

辺境に飛ばされた2人の新人騎士の物語

正義の心を持った2人の新人騎士。
彼らは赴任早々び辺境の地「カイツェリン」に飛ばされました。

そこでは騎士団が腐敗しており、仕事はあまりにもずさんなものでした。
女性はセクハラをされ、民衆の依頼は放置。

この惨状をどうにかすべく新人騎士は出世を目指すのです。

物語の目的が分かりやすいのは高評価。この辺が曖昧だとストーリーに入り込めません。
また、終盤につれて黒幕に近づきますが、そこまでの紆余曲折も丁寧です。

奇抜な設定こそありませんが、王道RPGとしての完成度は間違いなく高い。

7GirlsWarが好きな人にピッタリですね。

依頼をこなし、評価値を上げろ

依頼の達成が基本プレイとなります。
魔物討伐、探し物、採集など。まあ、一般的ですね。

戦闘も可もなく不可もなく。
ですが、バランス調整がしっかりしており、やりごたえは十分です。

後、女2人旅ってのが地味に斬新な設定。だいたいが1人旅ですからね。
1人旅は正直マンネリ気味なので、こういった変化球は良いですな。

物理特化のアンジェにオーラウラウンドのシスカ。2人のバランスが素晴らしい。

バトルファックはありませんが、その分スピーディーに終わります。
バトルファックは1つのバトルがどうしても冗長になります。なので、一長一短な部分もあるんですよね。

エリアの敵を掃討せよ

戦闘が早く苦にならない。このメリットを存分に活かした設定がエリア討伐です。
エリア内の敵を倒すごとにポイントがたまり、マックスになると報酬がもらえるのです。

エリア深部に行くともらえるポイントも増えていきます。
こういったザコを倒すメリットがあるのは良いですね。戦いが苦になりません。

本サークルは自分のゲームの長所と短所を正確に把握している気がしますね。
そして、長所を活かす工夫を随所に入れています。

だからでしょうか。RPGツクールとして突出したものはありませんが、飽きないんですよ。
この辺は妖精騎士フィリアに近いですね。あちらも何故か飽きません。

エッチシーン

エッチ!!!

見て下さい。このレイプ目。マジで表情が神。
やっぱエロい女の子は何よりも表情ですな!

腐った騎士団の先輩、町民、スラムなどあらゆる男が2人の新人騎士の身体を狙います。

  • アンジェは交換条件による諦め気味の和姦→快感を許容し始める
  • シスカは脅されレイプによる強姦→最後まで抵抗し続ける

といったようにシチュが分かれています。
陵辱スキーはシスカ一択ですね。アンジェもエロいですが、背徳感はありません。

シスカは割と厚着なので、エロの興奮がまじでヤバイ。
しかも親切心で助けようとするシスカを凌辱するシチュが基本ですからね。可哀そう過ぎて抜ける。

シスカのエロだけで永遠に興奮できる。なんだ、このサークル天才か???

なお、エロ実績はもちろんアリ。2人の競い合いを楽しみましょう。
見ての通りシスカのエロシチュが好きなので、性交回数が段違いです。性癖バレる。

唯一残念な点として。メインストーリーにエロがほとんど絡みません。
散々レイプされたのに最後は何事もなく栄転となります。

まあ、変に絡めるとややこしくなるので、仕方ないかもしれません。

まとめ

完成度の高いゲーム性に圧倒的なエロ。
特にシスカは凌辱スキーのツボを分かってるとしか思えない。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ