ゾンビゾーン・ガンスイーパー

作品概要

タイトル:ゾンビゾーン・ガンスイーパー
サークル:ティー・エンタ・ぴー
販売価格:1575円
販売サイト:

ゲームシステム

ゴーストタウン・ガンスイーパーの続編が満を持して登場しました。
精液を使ったスペル弾のガンアクションは健在。
前作の欠点であった「武器等の購入方法の分かりにくさ」や「ヒントの少なさ」は改善されています。
また、仲間と何時でも会話できるシステムが地味に嬉しい。
次にやることを教えてくれるので、時間をおいてプレイしても詰まることはありません。
アニオタのガンナー・ラーメン狂いのシスター・AV女優オタクのおっさんと個性的な面々による会話も本作のオススメポイントです。
さて、本作の肝である精液集めですが、そこまで必要ありません。
精液を使うのは弾丸と回復薬だけな上に回復できるシスターがいるので、回復薬は節約できます。
アキはエロテクで攻撃力を上昇できるので、エロテク→攻撃の繰り返しで安定して戦えます。
精液集めはそれぐらいで十分した。

バトル

銃がメインウェポンの同人エロゲーは本サークルにしか無いと思います。
そのため、マンネリ感がなく、楽しんでプレイ出来ました。
その代わり前作同様、命中率と攻撃力があまり高くないのでザコ敵すら長期戦になるのが面倒。
木の棒を振り回すだけのマスターに意味はあったのだろうか。
マイナス点は敗北時にHPが1になること。
本作は回復が結構厄介で、アイテム・スキル・一定時間毎に選択可能の休憩の3つだけです。
そのため、気軽に敗北レ〇プを見られません。
全クリ後のシーン開放も無いので、全てのレ〇プシーンを見るのは根気がいりそうですね。

エッチシーン

本サークルの強みであるアニメーションエッチは本作でも実装されています。
十字キーの右を押す事で段々とピストンが早くなり、それに合わせてセリフが出るのが面白い。
まあ、あいも変わらず会話は少ないのですが。もう少し多くても良かったかなと。

まとめ

普通のRPGツクールゲームに飽きた人にオススメしたい作品。
アニメーション作品としても楽しむことが出来ます。

 

おすすめの記事