プリンセスサクリファイス~供犠姫フィーナの冒険~

作品概要

タイトル:プリンセスサクリファイス~供犠姫フィーナの冒険~
サークル: 猫ひげラジオ
販売価格:1575円
販売サイト:

DLsite FANZA

ゲームシステム

シナリオ

魔軍に占領されつつある人間界の終末感が上手く描かれています。
見せしめとして犯されるシスター達、自分の身の可愛さにフィーナを魔軍に捧げる町人。
魔軍という名前もそうですが、世界観がランスⅥに似ていますね。

RanceVI -ゼス崩壊-

ただ、熱いランスⅥと違い本作はどこか切ない作品だと感じました。

人々は少女を助けてはくれません。それどころか秩序が崩壊した世界で男は女を犯しまくります。
実は魔軍より人間に犯されるシーンの方が多いんですよね。人間の醜さが否が応でも伝わります。

そんな救いようのない人間達を見ながらも戦い続けるフィーナがあまりにも不憫でした。
悲しいBGMと相まって物語にあっという間に惹き込まれてしまいましたよ。

バトル・ダンジョン

1マス進む毎に発生するイベント。サイコロの出目によってイベントが変わっていきます。
TRPG好きにはたまらない設定であり、非常にやりごたえがありました。

戦闘では敵に捕まる頻度が割りと多く、人によってはテンポが悪いと感じるかもしれません。

とはいえ、本作は頻繁に戦闘があるわけではないので、投げ出すレベルでは無いです。
そもそも捕まって発生するエロイベントがエロ過ぎるので、私は全く不満を感じませんでした。

エッチシーン

何というか陵辱スキーのツボを熟知しているというか。とにかく素晴らしいシチュばかりです。

・オークに犯されたら汚れた女とされ、男達の慰み者にされるマリエル。
・犯罪を犯した罰として、公衆の肉便器とされるフィーネ。
・オークに捕らえられゲームと称した恥辱のイベントを受け続けるフィーネ。

終末感の世界に相応しい淫靡な物語が目白押し。
白濁に染まりし王冠に似た雰囲気ですが、あちらはリョナ寄りでエロさよりも痛々しさを感じました。
エロさでは本作が勝っているでしょう。

まとめ

ゲームシステム・エッチシーンともに同人エロゲートップレベルの完成度。
体験版だけでも十分楽しめますので、気になった方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事