作品概要

タイトル:怪盗エフィー
サークル:やまなし娘。
販売価格:2200円
販売サイト:

ゲームシステム

画力の暴力

サムネで全力買いしたのは久々だよ。

エッチな怪盗が悪党からお宝を盗む!

バニー怪盗エフィーが主人公。
昼と夜の2つの顔を使い分け、街の悪党を懲らしめているのです。

相棒のらびすけはサポート役。2人で1つのチームなのです!ぜってー黒幕と思ったわ。

キャラ造形は完璧。可愛いの権化。おっぱいも大きく、申し分ありませんな!

ストーリーは平凡。キャラの特徴も薄いか

キャラこそ可愛いですが、他はあまり印象に残りませんでした。全体的に薄いなぁと。
ゲームの基本は、

  • 昼間は酒場のバイトで情報収集
  • 夜はターゲットの住処に潜入

の2つ。で、住人の言葉で目的を決めるんですよね。
エフィー自身は「憧れの怪盗になりたい」しか目的が無く、それ以外に拘りを持っていません。

言ってしまうと、エフィーの内面に魅力がない。普通の女の子過ぎる。

まあ、それだけなら良いのですが、それ以外のキャラも良く分からない。
レンとか可愛いんですけどね。可愛いだけなんですよね。

ボスもボスであまりにもモブ過ぎて、伝説の怪盗に至ってはサクっと出て終了。

全キャラが平凡で怪盗作品というより日常作品を見たような緩さを感じました。

いや、それを知ってからプレイしてればまた違ったんだろうけど。ある程度のシナリオを期待しちゃうとね。

グラフィックは良いが、ゲーム性に楽しみはない

グラフィック面は本当にきれい。これはマジでそう。
が、ゲーム自体に面白さはない。

まずエフィーのカスタマイズ性がない。
魔法をぶっ放せばまず負けない。装備は別に買わなくて良い。

次に唯一の特技の「うさぎ変身」が死にスキルに近い。
敵は強くないので、避けるより戦った方が早い。

最後にダンジョン毎のギミックがそんなに変わらない。スライムが増えるぐらい。
すっげえ既視感があるというか。ボス戦まで進むだけなんですよね。

全体を通してダンジョンに面白さが無い。侵入してからボス戦までイベントもありません。

ていうか、怪盗の最後がボスとの戦闘に違和感を感じないでもない。
「アドゥスタ海の孤島」みたいに接敵すれば苦戦必至ぐらいでちょうどよかったなと。

設定に勝ってるというんですかね。怪盗にしては強すぎるんですわ。

まあ、ヌキゲーと思ってやった方が良いとは思います。

バトルファックはセクハラのみ

エロいんですよ。エロいんですけど、やっぱ挿入が欲しいな。
エロバステ付与とかもありませんし、バトルファックはオマケと思った方が良い。

エロトラップもそうですけど、1個1個のシチュが薄味なんですよね。数は多いけど・・・って感じ。

エッチシーン

ほのぼのレイプ

レイプですらないか。ジャンルに凌辱がないからね。当然ではあります。
いやまあ、敗北レイプはあるにはあるんですけど、感度抜群過ぎてプレイにしか見えないんですよね。

で、昼間の町のエロシーンは全て和姦です。エフィーめっちゃ求めてます。

嫌がってるふりはしてるけどね。してるだけだね。
当然悲壮感もありません。コメディエロです。

まとめ

エロCGはガチのプロ級。
が、ゲームとしては面白くない。

後、凌辱色はないので和姦スキーだけ買ってください。

絵が良すぎだからと言って勢いで買うと、凌辱スキーは後悔までいかずとも消化不良は間違いありません。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ