ある童話からの脱出~赤ずきん編~

作品概要

タイトル:ある童話からの脱出~赤ずきん編~
サークル:BlackCamellia
販売価格:525円
販売サイト:

あらすじ

森に住む祖母が病気との話を聞き、赤ずきんはお見舞いに行くことになったが、
道中、オオカミに唆され、母親の言いつけを破り寄り道をしてしまう。
予定より遅く祖母の家についた赤ずきん。
しかし、祖母はすでにオオカミに食べられてしまっていた。
急いで猟師に助けを求めなくてはいけないが、家のカギはオオカミの細工で開かない。
そんな時、赤ずきんは祖母より抜け道の話を聞いたことを思い出す。
オオカミが起きる前に何とかして赤ずきんは抜け道を探しだそうとするが……
オオカミ「アンタを食っちまうのは惜しいなあ。ほら、こっちにこいよ」

ゲームシステム

童話「赤ずきん」を元にした脱出ゲーム。
赤ずきんと言えば、本当はエロかった童話を思い出しますが、本作の方が原作に忠実です。
本当に童話を読んでいる気分になりました。
本当はエロかった童話~赤ずきんちゃん~
謎解き要素は2つあり、内1つはかなり捻っているなあと。
サークルページに攻略情報が載っていますので、詰まったらそちらを見ましょう。
低価格な脱出ゲームとして、中々楽しめました。
ただ、1ステージで終わりなので、物足りなさはありましたね。

エッチシーン

この価格でフルボイスとは驚きました。エッチシーンは全部で3つ。内2つは陵辱です。
本作の赤ずきんはロリで貧乳です。おっぱい好きは本当はエロかった童話がオススメ。
差分無しなのは残念ですが、この価格なら仕方ないかなと。

まとめ

童話のifストーリーを手軽に楽しみたい人におすすめ。
エロはあまり期待しない方が良いです。

おすすめの記事