作品概要

タイトル:デビロリ_Reflection
サークル:るりこん
販売価格:1320円
販売サイト:

ゲームシステム

可能性の塊。
SFをテーマにした独創的な設定が実に面白い。が、エロとしては弱いかなというのが率直な感想です。

生体兵器ドロレス出撃します!

クールなロリ娘が本作の主人公。
見た目は少女なのですが、実は兵器として生み出されたようです。

ソウルオブフォージュリーに近いかな。あちらはヒューマノイドですね。

物語の冒頭から作戦用ポッドに乗り、敵基地に向かいます。いやあ、ワクワクしますね!

ちなみに到着までの間にチュートリアルを受けます。
と言っても感覚的にできるので、そんなに悩むことは無いでしょう。

仲間と連携して、基地を攻略せよ

到着後はすぐに味方と合流し、今後の方針を聞きます。
あっちこっちに味方が潜入しており、有能さが分かりますね。敵がガバガバ?そうかもしれん。

生体兵器といってもドロレスはほぼ人と同じ。
コミュニケーションも問題なく取れます。クールな幸薄美少女って感じで好感触。

仲間のいる場所はセーフティーエリアの場合が多く、端末の操作が可能となっています。
セーブや転送(ショートカット)、能力の向上などができますので忘れずにチェックしましょう。

SFチックで飽きない戦闘システム

彼女のメインウェポンはガン。敵を撃ち倒し進みましょう。

ただ撃ちまくって倒すだけではなく、防御や回避も肝となっています。
といっても複雑な操作はありません。至近距離以外の攻撃には自動的にバリアが展開されます。

また、敵に囲まれた時は全体攻撃も可能。
アクションゲームを面白く工夫が随所に見られますね。

さて、本作の独自設定として救出イベントもあります。

ドロレスが負ければ即敗北レイプとならないパターンもあり、サポートロボが救出にきてくれます。

が、ここでミニゲームが始まり、無力なロボが破壊される前にドロレスに辿り着かなければなりません。
これが思ったより難しい。当たり判定もそこそこシビアなので回避失敗が多発しました。

クリアできなくてもエロイベントに繋がるだけですので、気楽にプレイしましょう。僕は速攻で大破しました。無理や・・・。

エロイベントも道中に無いのが難点

SFアクションとして高レベルですが、これは同人エロゲー。
となると道中のエロイベントは欲しい所ですが、それが無い。

ミッションマーメイデンはエロトラップが随所に見られ、程よいエロスがありました。

本作は負けるまでエロがお預けなので、エロを楽しみたい人はやや不満が残るかなと。

エッチシーン

男達は良い具合のクズで竿役としては十分。

悪くは無いのですが、少女の心理描写が薄く凌辱の味が薄まっている印象です。

嫌なのに感じてしまう、バイブに悶える、羞恥に耐え忍ぶ。
など凌辱はヒロインの心理描写が肝なんですよね。これが男主人公なら問題ないのですが。

セックスメインでも問題はありません。
ああいうのは余計な描写を排除し、身体を汚すことに重きを置きます。

が、本作は心を汚す描写も多いので、そうなると心理描写は不可欠かなと。

まとめ

SFゲーとしては屈指の出来。
エッチシーンはシチュとシステムがミスマッチな印象を受けました。

凌辱ゲーとして光るものを感じるので、今後に期待ですね!

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ