作品概要

タイトルBegieAde ~嘘と報復のリリック~
サークル:惑星パンデミック
販売価格:1430円
販売サイト:

DLsite

ゲームシステム

いや、これ面白いわ。エロ目的で買ったのですが、良い意味で裏切られました。

OPからあふれ出す名作感

今まで多くのRPGツクール作品をしてきましたが、OPから凝った作品は本作が初めて。

OPによってプレイヤーが引き込まれた後、優しいBGMが流れるタイトル画面に遷移します。

つかみは完璧。冒頭から名作だと確信しました。
一番手を抜いて良い箇所なんですよね。それに敢えて力を入れると。良いっすねえ。にしても、ちょっとエッチ過ぎない?

凄腕の女騎士がオークに犯され、淫魔に出会う

プロローグでは女騎士隊長であるテレザの無双シーンから始まります。

必殺技をぶん回して敵をなぎ倒すのは圧巻です。まあ、隊長だからね。
そして、夜に村で祝宴を開きめでたしめでたし…とならないのが同人エロゲー。

倒したはずの盗賊団首領が力をつけてテレザを圧倒。その後、彼女はオークの住処に放り投げられます。
処女クリアなぞ期待できません。容赦なく輪姦されてしまうのです。良いね、実に凌辱ゲーだね。

住処から脱出した後に、テレザは彼女の脱出に手を貸した淫魔に出会います。
そして、「欲喰いの魔本・ベギーアデ」を渡されたのでした。

凌辱されるたびに強くなる「欲喰いの魔本・ベギーアデ」

本作で面白いと思った点が魔本とセーブの関係。
セーブするたびに魔本に凌辱された体験を記録していきます。

そうすることで魔本は欲を喰らい、報酬としてテレザに経験値を与える仕組み。

バトルファックはエロさは半端ありませんが、基本的にレベルアップができません。
結果、ボスを倒すためにエロ目的とは別にザコ戦をしなくてはならないのです。

しかし、本作はバトルファックが経験値となり、テレザを成長させます。これによってボス戦で苦労せずに済むわけですな。

ユーザーのことを考えたうまい仕組みだなと。おかげで一切だれることなくクリアできました。

シンプルながら飽きないバトル

戦闘自体はオーソドックスですが、サクサク戦えるので良かったですね。良い塩梅です。

エロ攻撃によってTPが減少し、0になると服が破けてTP全回復。
ただし、破けが最大の状態でTP0になると捕縛され、レイプに移行します。

レイプされると撃破がきつくなるので、ボス戦は服を補修して臨むのがベスト。
この辺はエロバッドステータスの宿命ですね。やはり多少は難易度が上がります。

とはいえ、前述したようにエロ攻撃でレベルもガンガンあがるので、気になるほどでもありません。

数々の伏線を回収し、真相に辿り着け

なぜ魔本に記録すると成長するのか。そもそもなぜ魔本はテレザに目を付けたのか。
目的自体は盗賊へのリベンジですが、その先に真の目的があります。

かなり考えられて作ったのが分かります。シナリオが面白いんですよ。
ラストも中々に熱い。ここまで熱いのはセーラースプレンダー以来ですね。

エッチシーン

えっろい!!!
高貴な騎士様がみじめに凌辱される様はたまりませんな!これでいてアニメーションだからエロさも倍増。

騎士ですが、どことなくシスターっぽさもあります。
特に上記画像の服の乱れは良いですよね。裸エプロンみたい。

基本は敗北レイプですが、淫欲度が高くなると淫乱プレイになります。
宿屋で自慰をしたり村人やホームレスに犯されることを喜んだりと・・・。騎士様そんなんでいいんすか!エロいからいっか!

エロ目的で買ったのですが、もう想像以上のエロさでした。これは良いおかずだあ。

まとめ

ストレスフリーな戦闘で、シナリオも練られています。
それでいて凌辱げーとしてのエロさも完璧。隙のない作りになっています。

RPG要素が面白い凌辱同人エロゲーまとめ

凌辱作品ピックアップ