作品概要

タイトル:淫界人柱アラカ~JK退魔師ホラー探索RPG~
サークル:I'm moralist
販売価格:2970円
販売サイト:

【プレイ感想】ホラー苦手な人もクリア可能

本作で真っ先に思うこと。怖くない?
サムネから雰囲気が出ており、ホラー苦手な人は尻込みしてしまうでしょう。

かくいう僕もホラー耐性は皆無に近いです。
ホラー映画やホラゲーはできませんし、なんならサスペンス小説でさえ夜中に読むと怖いです。

かの名作アバドーンに至っては半泣きで途中断念しました。

そんな僕でも本作はクリアできたので、たぶん他の人も大丈夫です。たぶんね。

ゲームシステム

これは大ボリュームですわ。圧巻の作りこみ。

少年はアラカを助けるために廃ビルへ

クリアできたと言っても怖いものは怖いです。だって、ホラゲーだし。
まずは少年パートから。行方不明のアラカを探すために廃ビルに乗り込みましょう。

その廃ビルが雰囲気出てるんですよね。ジメジメした暗さが絶妙。
びっくり系こそありませんが、プレイヤーのSAN値は時間とともに間違いなく削られていきます。がんばって。

サイコメトリーで残留思念を読み取れ

アラカ程ではありませんが、少年も異能を持っています。
それがサイコメトリー。モノに残った記憶を読み取るのです。

アラカを探す情報収集のための能力行使ですが、高確率でエロシーンに繋がります。
これが画期的でして、じわじわ削れていた僕のSAN値が回復するんですよね。エロがないとクリアを断念していたかもしれません。

逆に言うと、エロシーン読了後の探索は純粋に怖いだけなので、ホラー苦手な人は詰みます。エロを見られる間にとっとと進みましょう。

幸い説明にもある通り5分に1度はエロシーンを見られます。安心して先に進んでください。戻ってはいけない。

読ませる文章が物語の厚みを増す

本作の売れてる要因に圧倒的なボリュームがあると思うのですが、特に地の文の作りこみに驚きました。
まるで小説を読んでいるようです。RPGツクールが挿絵となり、地の文で臨場感を増しています。

ノクターンノベルで活躍しているライターばかりなので、納得の出来栄えではあります。

難点として頭の中にイメージが鮮明に浮かぶので、ホラー耐性の無い人はきついかもしれません。
まあ、たぶん大丈夫です。たぶん。

救済策で1週目から全エンドの網羅が可能

嬉しいのが1週目で全エンドを見れること。
マルチエンドにありがちな周回が不要なのはストレスフリーです。

僕は周回が嫌いなので、いつもハッピーエンドを諦めちゃうんですよね。
救済策は非常にありがたいシステムでした。

なお、少年パートに戦闘はありませんが、選択肢で唐突にバッドエンドを迎えることがあります。
こまめにセーブを取っておきましょう。

少年パートはスキップせずにクリアすべし

ホラー苦手な人のために少年パートはスキップ可能ですが、そんなことをせずにクリアしてください。

物語を深く理解できませんし、なによりホラゲーをする意味がなくなります。
少年の行動1つ1つがアラカパートに影響しますので、見ておかないと作品を50%も楽しめません。

拒絶反応レベルでホラー苦手な人はスキップするぐらいなら買わない方が良い。それぐらいにもったいない。

なお、服を着たアラカは少年パートの回想でしか登場しません。しっかり目に焼き付けておきましょう。

エッチシーン

えっど!声優の迫真の演技がエロさに拍車をかける!
アラカパートに怖さはありません。エロ全振りです。安心してプレイしましょう。

全裸から始まるアラカの物語

少年パートで理由が分かりますが、アラカパートは素っ裸でスタートします。
武器や防具なんてしゃれたものはありません。文字通りの裸一貫です。

ここから更に開発されていくアラカ。いったいどうなるのか。
それが物語の全てでしょう。え?悪霊の討伐?そんなのどうでもいいんだよ

なお、全裸による羞恥要素はありません。退魔師として覚悟は完了しているようです。
一部イベントで羞恥イベがある程度ですが、羞恥メインの期待はやめましょう。

なお、アラカの独白とともにエロステータスを確認できます。開始数分で開発度がやばいことになりますが、まあ大丈夫でしょう。

あらゆる場所で辱められる肉体

これがエロゲーだと言わんばかりのエロシーンの数々。
エロに関して消化不良になることはまずありません。

エロイベの多くは少年パートの選択によって発生します。こういうピタゴラスイッチ?みたいなエロイベント大好き。

シナリオ量も十分でオカズとして満足できます。たまんねえですな!

戦闘でも犯される女体

もちろんバトルファックが搭載されています。
舞台が淫界なので、敵はエロメインで襲い掛かります。

喘ぎ声も素晴らしく、オカズとして申し分ありません。

不満点をあげるとすれば、エロバッドステータスの効果がいまいち分かりにくかったことでしょうか。
戦闘の変化が少なかったかなと。 腹ボテは分かりやすかった。

この辺は除霊配信が秀逸でしたね。エロバッドステータスが戦闘のエロさを底上げしていました。

腹ボテやソフトリョナあり

苦手な人もいると思うので説明。
グロやハードなリョナはありませんが、ハラ蹴りなどは普通にあります。青あざにはなりません。

また、腹ボテではお腹の中を異形がボコボコと動き回るので、人によってはきついかもしれませんね。

腹ボテ好きは大歓喜ものでもあります。この辺は好みだね。
もちろん全てが腹ボテではありません。それ以外でも十分に楽しめるのでご安心ください。

まとめ

ホラー・ノベル・ゲーム。どれをとっても高水準な仕上がり。
なによりホラー苦手でもクリア可能なのは嬉しいですね。

まあ、逆に言うとガチのホラゲーを求めてる人には刺激が足りないと思います。
そういう人はアバドーンをやってください。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ