作品概要

タイトル~necromancy~エミリの逃亡
サークル:PinkPeach
販売価格:1980円
販売サイト:

ゲームシステム

雰囲気ゲーとして屈指の出来。
薄暗い森から逃げ惑う焦燥感や恐怖感を味わえます。

主人公に戦う力が無い事と言い、アルプスと危険な森に近いですね。

軽い気持ちで受けたクエストで崩壊するパーティー

僧侶エミリが所属するパーティーはそこそこの強さですが、まだまだ知名度はそこまでない。

そこでエミリがギルドから上級クエスト「ネクロマンサー捜査」を受けます。
渋るメンバーもいましたが、捜査だけならと最終的に受ける事に。

しかし、想定を上回る危険度でパーティーは散り散りになってしまうのです。

はぐれた仲間を探しつつ、脱出する。それが本ゲームの目的です。

非戦闘員のエミリは敵に捕まれば一発アウト

前作と違い、本作の主人公の僧侶エミリは戦う力を持っていません。
物理攻撃はもちろん魔法攻撃もないのです。バギぐらい覚えてろ。

ただでさえ危険な森ということもあり、接敵すれば命はありません。
時には走って逃げ、時には隠れて逃げてやりすごします。

難易度の調整が絶妙で、油断をすれば即ゲームオーバー。やりごたえのあるスニーキングゲームでした。

死に覚えゲーなところもあるので、めげずに根気強くやっていきましょう。

エミリに与えられた2つの「武器」

最初こそ逃げるだけで良いですが、敵が通せんぼして進めないことも。
そんな時は暗殺者ルリアの力を借りましょう。

回数制限はありますが、背後から敵を確殺してくれます。

また、エミリ自身の癒しの力で草木に力を与える事も可能です。
一部のアンデット系は「癒し」で倒せるので、エミリも全くの無力と言うわけでもありません。

職業をしっかり考えたギミック満載で、非常に楽しい。
無力だからこそできる動きってのが良いですねえ。楽しいよ。

最後まで薄暗い展開で救いはない

  • 仲間が少しずつ倒れていく絶望感
  • ネクロマンサーの誕生秘話

物語に深みを持たせる設定がいくつもあり、シナリオとしても面白いです。
まあ、海外勢の作品なので日本語にやや難はありますが、読むだけなら問題ありません。

ただし、ラストに爽快感はありません。

一応エミリは脱出できますが、それ以外のメンバーの末路は悲惨なものです。
なんなら仲間がアンデット化して襲い掛かってきますからね。恐ろしい森だよ。

後日談もないので、ハッピーエンドを求める人は購入しない方が安全でしょう。

エッチシーン

絵がねえ。エロいんだよねえ。女体の描き方が美しいと言うか。

まずはドットエロ。
異形に囲まれての輪姦はそそりますなあ。

次にエロCG。肌の瑞々しさよの。
張りも良い最高のおっぱいが揉みしだかれるのは圧巻です。

セリフなしで喘ぎ声のみなので、その点だけ注意かな。
まあ、下手にセリフがあると萎えると思います。言葉遣いに若干の違和感があるので。

まとめ

スニーキングゲーとして完成度が非常に高い。
エロ絵も素晴らしく、エミリの痴態でご飯を何倍も食べられます。

海外サークルのエロスって日本サークルと違う味があるんですよね。そういうの新鮮で好き。
イドラの影もですが、今後も海外サークルの作品を楽しみにしています。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ