腐界に眠る王女のアバドーン

作品概要

タイトル:腐界に眠る王女のアバドーン
サークル:さくらぷりん
販売価格:1944円
販売サイト:

ゲームシステム

レトロ風ホラーRPG。リアルっぽさが無い分怖くないだろうと始めてみました。

が、よく考えれば初期のバイオハザードは中途半端なグラなせいでとんでもなく怖かったの思い出しました。遅かった。

クロックタワーもそうですが、追いかけられるって心理的にかなりきついんですよ。本作は貞子が這ってきますからね。
それでもゲームとしては非常に面白い。謎解き要素が良い具合の難易度で楽しくプレイしました。
たまに貞子に追いかけられるのは心臓に悪いですが何とか進められました。

戦闘

罠でした。途中から里奏と2人旅になったのですが、後半は敵も強いので回復が間に合わない。
そんな時、発狂気絶のデスベホマで行けるんじゃないか?と思って進めていましたが、もっと説明書読んでおくべきでしたね。里奏が自暴自棄になって失踪しましたね。
里奏がいなくなって心が折れました。ラスダンでしたが2週目をすることに。
で、何をとち狂ったか未亜と聖次郎の弱点満載レベル1の2人を連れて行ったわけです。

まあ、後半きついかなと思いましたが、その前に聖次郎が未亜を亡き者にして心砕けました。

あの人形の休憩部屋罠なんてもんじゃなかった。
このゲームってちょっと油断したら身内切りが発生するんですよ。人狼かよ。

エッチシーン

触手ならエロゲーだしムフフな展開だろと思って死んでみました。

確かに凌辱されますが、その前に2人の死体を見る羽目になってどう興奮しろっていうんだ。

触手ってもっとエロいものだろ。おっことぬしみたいで恐怖しか感じないんだよ。
でも、ここで負けたらダメだというギリギリの精神状態で里奏の好感度を上げてエッチシーンを目指しました。
あまりにも怖すぎて、凌辱寝取られスキーでありながら純愛のエッチを求めてました。
ベッドでは必ず里奏を選び、セリフも慎重に好感度を上げていく。途中で八千花が死んでますが、もうそれどころじゃない。
そして、果たされるエッチシーン。これで私のモチベーションは復活する。

しかし、自暴自棄の里奏は主人公を犯した後に殺します。救いなんてありませんでした。

リセットして泣く泣くプレイするも最後の気絶で里奏は消えました。私のやる気も消えました。
あ、でも、エッチシーンは後からちゃんと見ました。エロかったです。
CG584.jpg

まとめ

売上を見てわかる通り非常に作られたゲームですが、詰み要素が多く難易度も高いので、ホラー耐性が無い人はやめておいた方が無難です。
レトロ風ゲームとしては一つの完成形なんだと思いますよ。ていうか、よくここまで怖いの作れるな。しばらくトラウマです。

おすすめの記事