こんばんは、エロガモです。
2020年も残り少し。コロナによる未曽有の経済危機が起こりましたが、同人エロゲー界隈はどうなのでしょうか。変化はあったのでしょうか。

ここでは2020年に生まれた同人エロゲーを振り返り、今後の展開を考察していきたいと思います。

※12月の新作は追記します。

2020年発売の同人エロゲー

1月から始まる黄金ラッシュ

時は1月。また2020年も始まったばかりですが、早くも大物サークルが新作をリリースします。

男爵領さんはストーリーもさることながらシステムが本当に面白い。
ゲームブック風に作りこまれており、クリアまでのパターンも様々。

本作で初のボイス実装。ノベル展開もしており今後の動向が注目されます。

ルゴーム砦の脱出 盗賊少女と欲望の城砦

さて、ルゴームをきっかけに怒涛の名作同人エロRPGラッシュに突入しました。
わずか3か月の間に大量のレジェンド作品が発売。

この中でクレアとセーラースプレンダー、クォルタが現時点で販売数10,000を超えています。
共通点はRPGツクール製品。まだまだRPGツクールの可能性を感じますな。

RPGツクールはマンネリしていますが、メリットとして操作説明が不要な点が挙げられます。

エロゲーマーは我儘なので操作が面倒だとすぐにやめ、評価も微妙になりがち。
「操作が簡単」ということが重要な売り上げになっていると思われますな。

大型寝取られゲーの誕生

怒涛の名作ラッシュが終わるかと思いきや、まさかの販売数20,000超のバケモノ作品が販売されます。
夏色のコワレモノ。圧倒的なエロスに加えて、ノスタルジックな世界観に仕上げています。

FANZAのレポートでも分かりますが、同人界隈のトップトレンドはダントツで「寝取られ」です。
そのテーマを骨格にし、しなちくかすてぃーらさんの淫靡なエロスを加えればそら売れます。

ただ、単純な寝取られなら僕自身は大きな評価はしなかったかもしれません。
本サークルの肝はその世界観にあると思います。

夏の儚さは誰しも一度は感じたはず。その寂しさを終始感じさせたまま物語は続きます。
導入から一気に引き込まれました。

更に本作ではエロを一気に見せません。
寝取られの瞬間はギリギリまで隠され、最後に一気に解放されます。

RPGらしい戦闘はいっさいないんですけどね。とにかく面白いんですわ。

やっぱ寝取られはシナリオありきだなって、強く感じた次第です。

新サークルも同人エロゲー界隈に名乗りを上げる

今年はもうやばい。そんな確信めいた予感を抱きます。

もはや10,000超は珍しくなく20,000超もバンバン現れます。
この中でBegieAdeとNTR伝説、リルスティアは処女作。いやはや大型新人が現れたものです。

BegieAdeは圧倒的なシナリオセンス、NTR伝説は真似できない独自のシステムで売り上げを伸ばしていきます。

リルスティアはコミケルなタッチでありながら容赦のないレイプを描き、そのギャップで多くのファンを獲得しました。
セーラースプレンダーもですが、敵に魅力のある作品はやっていて楽しいですね。

今後も要注目ですな。

年末のラストスパート!財布の残高は大丈夫か?

鬼滅の刃の映画が快挙を成し遂げ、コロナで落ち込んだ国内に僅かながら明るさが戻ってきました。
それに呼応するかのように同人エロゲーも新作が続々と生まれます。

4年の歳月を経てとらうま商事さんがついに新作を発売しました。
本サークルはエロステータスを搭載したエロゲでトップに君臨すると思っています。大好き。また4年後に新作を出してください!

英雄の台頭で埋もれる作品もあり

そんな輝かしい1年ですが、埋もれている名作も大勢あります。

この中でシエルは前作より売り上げを伸ばしており、順当にファンはついている模様。
長瀬さんはパロディ作品ということで、そもそもターゲットが狭いのでまあ仕方ない。

問題は残り2作。せめて1,000は売れていいと思うんだけどな。

イリスはやってみたら分かりますが、作りこみ凄いですよ。
バトルシーンだけとればトップの作品と張り合えます。

やはりエロかなあ。バトルファックがないとそれだけで厳しいんですよねえ。

2021年はより厳しくなる

今年の発売先品を見て分かったかと思いますが、レベルが段違いに上がっています。
 
販売数1,000程度ならアイデアだけでもいけるでしょう。
ですが、それ以上を目指すなら飽きないバトル・圧倒的なエロス。引き込まれるシナリオの3つを抑えないとかなり厳しいです。

一昔前は珍しかったバトルファックはもはや当然になっています。恐ろしい時代です。
プレイヤーにとっては嬉しい悲鳴ですが、制作者はたまったものではありません。

ていうか、作品が多すぎて有名どころ以外のカバーができません。
レビュワーの僕でこれですから一般購入者はもっとです。より埋もれてしまう可能性すらあります。

定期的に出し、固定ファンをつけるのが良いのでしょうが・・・。

最後に

色々思う事はありますが、僕のやることは変わりません。

作品をプレイし、レビューを書き続ける。それだけです。

埋もれた過去作のサルベージも信条に掲げていますが、結局は自分の性欲次第です。
読んだ人のためになる記事を意識していますが、実際は自分の思うままに書いてます。超感情的です。

そんなに気負ってないからこそ8年以上続けられたと思わないことも無い。

ただ、生まれた作品にはもう少し日の目を浴びて欲しいという気持ちに嘘はなく。
そんな助けをほんの少しでもできればこれほどうれしい事はありません。

あなたの求める凌辱寝取られ同人エロゲーはこれだ!

2012年から凌辱寝取られ同人エロゲーを楽しみ続けている僕が自信を持ってオススメする作品。
それらをテーマ別にご紹介します。

敗北後からレイプがより濃厚に
・エロトラップに拘りを持っている
・エロステータスの種類が圧倒的

などなど、メジャーからニッチな性癖まで網羅しています!

凌辱作品ピックアップ